スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季初の美山で走力確認

2014年05月31日 23:01

●5月31日

まだ5月である。梅雨にさえ入っていない。でも連日30℃越えはなんたることか???

美山でさえ30℃・・・末期症状です。

さて今日こそは!!という意気込みで花背+佐々里で美山に挑戦してみる。メンバーも同期のK君の旧知のT君も参加で3人となった。

そして・・・今日の走り如何で今後のレース活動をどうするのか?? すなわち鈴鹿をどうするのか??という問題を解決するつもりであった!!

しかし・・・昨日月末の打ち上げ宴会でしこたま飲み食いしてしまって・・・一体・・・どういうつもりか?と言いたくなるのだが・・とにかくペダルを踏む。麓までは50×17で巡航。特に問題はない。市原でコンビニ補給をして先を行く。二人はあっという間に先行してしまう・・・やはり登りは孤独なのだ・・

扶桑橋まで50×21 そこから早目に34×23で回すのだが・・・やはり先週より体が重い。しかし蛇行なしのシッティング主体で進む。百井分かれあたりで非常に苦しくなりケイデンスが保てなくなる。サイコンがバッテリー切れで動かないが、たぶん時速10㌔以下になっているだろう。やはり腹に力が入らないと厳しい。ペダリングは斜め前に踏むのだが、維持できない・・・・今日はダメやな~~~ 蛇行がなかったのが幸いだった。しかし先週より疲労感もタイムも倍増か・・・・・仕方ない。 豪快なDHの後大布施で休憩。広河原に向かう。先ほどのダメージはそれほど感じない。いい傾向だ。

佐々里は最初の激坂をクリアできれば後は楽勝のはずが・・・その激坂区間で沈してしまう。以前はアウターローでクリアしていたのだが、インナーでもフラフラ・・登りは全くダメやね・・・心も折れそう・・その後の緩斜面で復活して回転を上げて追走する。まあまあかな・・・ぢこが???

ここでも灼熱は続く。下り途中の水場で冷水を補給する。ん~~~生き返るわ~~
ここから美山まではガンガン引き合いが始まる。ゆっくり行こうね!という合言葉が空しい。しかし人の後ろに付くとこんなに楽だったかな?? ギヤ2枚は確実に違うのだ。去年の夏よりほとんどが単独走行だったので、改めて思い知る。集団走行ならもっと楽な走りが出来るのだろうか??

美山休憩から神楽坂を越えて日吉ダムを目指す道は平坦路。そうなれば試したかったペース走!! 先頭交代しながらペースを築く。ここでは垂れなかった。追い風ってこともあったかかもしれないが、亀岡までの数キロは存分に前を引けたし脚も快適に回る。丘程度の登りは問題ないのだ!!

33℃の温度計に辟易しながら西山越えで帰宅。



これなら行けそうな気がしてきた。鈴鹿には激坂はないし1時間 自分のMAXを出せるかってこと!! ただし今はあくまでペース走。これからインターバル特訓を入れて上げ下げに耐えうる身体を作れるか?? 体重を何キロ絞れるか??これが肝だと思う。

決断は如何に??

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/940-9306af9d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。