スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小豆島1周は弾丸ツアー!! その2

2014年04月29日 00:51

●4月26日

こうして小豆島1周ツーリングはスタートします。さてどちらへ??・・・ 右回り?左回り? 風次第かと思いきや全くの無風状態。ならば山が厳しい反時計回りで行きます。

IMG_3911.jpg
少し上がるだけでこんな景色を堪能できます。むむむ・・・・いいなあ~ とにかく今回は初めてなんで外周を忠実に辿るようにします。ふと見上げると・・・こんな岩山が・・

IMG_3912.jpg
なんだこの岩?? クライマーが泣いて喜びそうな堅そうな花崗岩の1枚岩やん!! そういえばここは石切り場が多いのだな・・・

IMG_3913.jpg
少し行くとこんな登りもありますが、脚は大丈夫大丈夫。50×23~25あたりでゆっくり回していきます。今日は単独だしゆっくり景色を堪能したい。

IMG_3914.jpg
あっさりと旧道をパスした。したのトンネルが新道。登りこのレベルなら私の脚でも十分だ。本当に気持ちがいい!!!

青い海・新緑の山・そして潮の香・・・京都にはない種類のツーリングだ。

IMG_3915.jpg
ここにも岩山が・・・ここは本当にクライマー天国!!

IMG_3919.jpg
海岸線だけにアップダウンは延々と続きます。脚に来ないように軽めで回します。鉄則やな・・・

IMG_3921.jpg
福田港はパスしてここは大部港。小豆島には至るところに港があるのだ。港・・・う~んいい響きだ。京都市内には絶対ないモノ。ましてや大型船なんかを見ると異常に興奮するのは致し方ないか・・・だって京都市民にとって海は琵琶湖やし・・船はミシガンかビヤンカやもんなあ・・・ まあそれはいいとして・・

ここでフェリーで一緒だったロード乗り二人に遭遇。兵庫県から来られたFSさんとIOさん。色々と情報通のようでしばし御一緒することに・・私より年上の方なのに元気元気!!見習わねば・・・・
 こういう出会いもツーリングの醍醐味!!

IMG_3922.jpg
IMG_3923.jpg
大阪城に石垣をここから切り出したという記念館。私はここの施設より噂で聞くビックダディの旧家のほうが興味深深であったが・・

IMG_3925.jpg
そこからしばしアップダウンを繰り返す。島めぐりにアップダウンは必須。仕方ないか・・・土庄の近くにあるこのホテルは非常に安く、快適なそうだ。1泊3,000円くらいなら家族連れてきたいなあ~ しかしこの御二方はこの島をよく知り尽くされている・・

IMG_3929.jpg
なんですか??ここは?? 世界一狭い海峡?? 向うは島なのか??

IMG_3937.jpg
なになに??エンジェルロード? 恋人の聖地だと?  おっさん3人には無縁やけど行ってみた。

IMG_3931.jpg
IMG_3933.jpg
要は潮の満ち引きで島が繋がるのね・・・まあ

IMG_3936.jpg
もうすっかり観光客・・・


そろそろお昼も近い。ご飯は・・・私はノープランだったんで、御二方についてラーメン屋に・・・
IMG_3938.jpg
小豆島ラーメンって何味?? まさかオリーブ味かな?? なんて思いながら店内に・・・

IMG_3940.jpg
完全魚介系ラーメンです。でもこれが旨い!! ラーメンに疎い私でも頷ける味です。

IMG_3943.jpg
しかもこのシュチュエーション最高!! ラーメンと海!! オープンデッキで食します。さすが小豆島!!なんでや??

食後は御二方と一旦別れて岬巡りを忠実にトレースしていく。途中結構な峠もあった。けど50×23で十分。本当に助かる。これ以上斜度がきつくなるとインナーの出番になるし・・・脚はまだまだ温存したい。しかしどこを見ても海が見えるっていいよなあ~

IMG_3948.jpg
パルテノン神殿みたいな道の駅。しかしエゲツナイ坂の上にあった。ここでお土産を物色。さすがにここまで一人いい思いをしたんだから家族にも一つお土産を買って帰ろう。
でも持てないから宅急便で送ります・・・そりゃそうやな・・

IMG_3949.jpg
こうした何気ない景色にも入港する船が視界に入る。いいんだな~これが・・ これでボオオーーーって船の汽笛なんかが聞こえたらもっといいのだが・・・・いやちょっと違うな。この異常とも思える明るさに哀愁は向かないか・・・

そんなことを考えながら堪能しつつラストスパートに差し掛かる・・・


この続きはまた後日アップします。まだまだ続くよ~~~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/920-c6409043
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。