スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴鹿の戦略・・・『お前ら読むな!!』  (北野 誠風)

2013年08月23日 00:17

●8月22日

今日も完全休養。ただし自宅にジッとしているのは勿体ないので、またまた鉄分補給に行く。ただし仔細は後日・・・


ここで明後日に迫った鈴鹿の戦略を記しておく。あくまで私個人の覚書として将来に残すことを意図したものだが・・・ 他人には見てほしくないってのが正直なところ・・・・



大体の所は去年に述べた所と同じ・・

・ピット&ホテル

 土曜は開門と同時にピット下の陣取合戦。ここで8割方の勝負が決まる。炎天下や降雨の中で準備が出来る訳がない。ピット下に陣が取れなかった人は、素直に諦めて帰った方がいい。私ならそうします。また土日連続出場ならホテル泊がお勧め。間違っても駐車場で車泊は自殺行為。翌日のパフォーマンス期待ゼロです。

・テーピング
 赤マニアの私は赤いバイクシューズがほしいっ! だから今のシューズは旧作なのだ(ちょっと赤め)しかしいくら高価なシューズを履いてもパフォーマンスが上がるかは疑問。でもあきらめてはいけない。もっさいシューズでも土踏まずにパット+足首テーピング固定でビックリするほどの効果あり! 所詮1時間レース。パワーの伝達が全てです。クリートも固定型に・・・ これでいつもの1割以上出力アップ!! ついでに手首もしておくと下ハン持った時にパワー増加できます。

・炭酸浴び
 スタート1時間前~30分前に炭酸を脚に掛けるだけ。本当は炭酸風呂に入りたい位だが・・いい感じで血管が膨張します。そうしたらどうなるかわかるわな・・・

・スタート位置
 いうまでもなく前列5列くらいまで・・無駄な脚は使わない

・逃げ
 逃げは1周目か最終周のどちらか。始まってしまえば途中から逃げられるほど高心肺は誰も持ち合わせていない。

・高ケイデンス
 これが1番重要。裏ストレートは誰でも加速できます。多分追い風やろうし・・ここは付いていくだけでいい。周りはドンドン上がってくるが、ここで上がる人は次の登りで必ず垂れます。僅かな登りであるが、53×23にして回す回す回す。ポイントが過ぎても回す回す回す。シフトダウンするのはやや下りに入ってから。何故か?? ここから向かい風になるのだ。とにかく登りは回すこと。そして必ずアウト側にいること。裏ストレート中の集団の中からスルスルとアウトに逃れること。危険回避だ。

・踏む場所+抜く場所
 これを頭の中に叩き込んで置く事。クリテは学習できる。

・最終周デグナー後
 ここでラストスパートが掛かる。掛からなければ其の年の集団は全員ゴールスプリント待ちだ。ここまでの余力は残しておきたい。

・S字コーナー~2コーナー
 毎年落車が起こる。見通しはいいが、位置取りに焦るからだ。ここは池側インベタでいい。たとえ列車に乗れなかっても自分が先頭になって進んでいくべき!!

・1コーナー
 同じくインベタからスパートに掛かる。この時周回遅れがフラフラ出てくる時もあるので注意だが、リスクを持ってそれを利用することもアリ。スタートゲートからゴールゲートまで約5秒。スタートゲート前救護所から全開で踏む。芝生のチームテント乱立区間からシッティングで鬼回し。ギヤは其のときの脚次第だが、53×17か18。
最後は53×16か15が理想。





結構的を突いていると思う。ライバルは見るなよ!!



とにかく今年は無駄に踏まないことを心掛けたい・・


・・・・で今年も20位内を目標に頑張ります


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/854-a6850e13
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。