スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北摂 大野山に劇重マドンで行く

2013年03月18日 00:24

●3月17日

 昨日の熟慮の上選択した劇重ホイールを履いたマドン・・・ 今日はブログ仲間のaonoriさん合練に参加します。

先週の練習では冬服で失敗したんで今日は長袖ジャージで出発!    しかし朝の放射冷却で結構寒い・・・こういう時に軽いベストなんかほしいなあ・・・

IMG_2367.jpg


マドンの硬さにこのホイールは合っているかも知れないなあ・・・なんて思いながらサイロをひとまず南下する。寒い・・・・

R171を西進して集合場所に行くのだが・・・ん~R171の右折場所を間違えてしまって判らなくなってしまった・・いかんなあ~ 事前調査不足!!! 結局集合時間にも遅れ、後から追いかけることに・・・

新道を上がっていくのだが、いきなりの洗礼!! 53×23のギヤしかなく劇重ホイールでは常にダンシング状態。アップにはいいのかもしれないが、キツイわ~ ペースを一定にすると53×21でも上がれる。これが集団であれば多分39×21でもアップアップだろう・・・ ケイデンス60~70でジワジワ上がる。

見山の郷で本隊に追いつく。予想通り劇重マドンは興味の的である。興味といってもある意味イタ車(痛いバイクやな・・・)的な興味であるのだな。だから反対にこれでショボイ走りは出来ないのだが・・・ 今日はどうだろう??

銭原~豊能町~堀越~逢坂~杉生をつないで大野山に向かうことに。結構キツイ坂があるらしい。私は始めてなのだが・・ 大丈夫だろうか?? こうなるのなら25Tのカセット用意しておくんだった・・・激しく後悔・・・

杉生で休憩。

IMG_2371.jpg

ここまでも結構先頭のスピードが早く、内心ツーリングのスピードじゃないよな~って思っていたんでグッドタイミング!!

IMG_2370.jpg

大野山はこの先にあって・・まだ見えないらしい・・・どんなところなのか?? 激坂3㌔はキツイぞ~

しばしいくと右手はるか彼方上方に見えました天文台があるそうで・・・ えっ~!!! 展望もいいってことはそれだけ上がるよな・・・

IMG_2372.jpg

赤円内が天文台・・・キツそう・・   で激坂区間に入ると・・・も~ええって!!ていうほどの坂・坂・坂・坂・坂  そして六甲や御在所並みの斜度と直線的な登り・・・ 北山の花背峠のほうがましやん・・休む所ないし・・道幅狭いし蛇行も出来んし・・・  一人でブツブツ言いながらひたすらペダルを回す。ただマドンと激重ホイールの相性はいいのか踏んだ分伸びる感じは登りでも同じで、ペースを一定にすればなんとかなる。ダンシングでも体重は前よりに詰めてリズムを刻む。ギヤは当然ながらファイナル39×23ながら、一応は垂れることなく山頂に・・・・

北摂随一の標高は730m!! 花背と同じレベルか。でも景色は圧倒的にこっち!!今日は春霞で遠景はかすんでいるものの気分は最高!!

IMG_2373.jpg

最後の激坂

360度パノラマ

IMG_2376.jpg
IMG_2375.jpg
IMG_2374.jpg

どこが見えているかさっぱり判りませんが、霞がなければ遠く明石海峡大橋なんかも見えるらしい


IMG_2378.jpg


ここなら星はよく見えるのだろう。街の明かりは皆無なのだから・・・1回夜に来て見たい!! ちなみに山頂にはキャンプ場もあってその気になれば、これるのだ。




さてそれから激坂を下り、手がプルプルになる。帰りはなるべく坂がない道をリクエストしたんで、川西池田経由となるのだが、aonoriさん達の先頭交代に加わることなく付き位置でぶっ飛ばします。いや~向かい風の中本当にご苦労様でした。街中に入ってもペースは変わらず、私は一体何処を走っているのか全く判らず、結構な交通量の道をひたすら走ります。

集合場所に戻ってきたときは、もう疲労困憊状態でした。さすがホームコースとして走っている彼らはペースが違います。しかしながら知らない土地を走るのも楽しく、それをサポートしてくれるaonoriさんに大変感謝しております。

 また飛び入り参加ながらワイワイと楽しく走ってくれたメンバーにも感謝しております。


 でも・・・今日のコースは体へのダメージが図り知れず、明日は大丈夫なのだろうか?? 非常に心配です。




今日の走行距離 151㌔ アベ25.4㌔ 獲得標高 1688m

お腹一杯です・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. aonori | URL | GCA3nAmE

    Re:北摂 大野山に劇重マドンで行く

    日曜日は有難う御座いました。
    そして遠い所有難う御座いました。

    ナイスな車輪も拝めて良い日になりました。(笑)
    今年は花背行くのでよろしくお願いしますね。

  2. トン様野郎 | URL | -

    Re:北摂 大野山に劇重マドンで行く

    >>aonoriさん

    大野山 良いところですね~ あんな景色のいい峠・山頂は京都ではお目にかかれません。京都の山・峠道は暗い、辛い、鬱そうとしたイメージしかないですが、六甲や北摂の山・峠道は明るいイメージがあって楽しいです。

    標高差、斜度は同じでも受ける感触で精神的な辛さは随分変わります。ってなこと言うと北山回避されてしまうのでこれ以上は内緒!!

    いつお越しいただいてもご同伴できるよう鍛錬しておきます!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/766-09f4ec3a
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。