スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人的猛暑を避け、早朝北山練

2012年07月28日 17:50

●7月28日

 昨日から?いやもっと前から殺人的な猛暑に見舞われている。屋外で働く人達は本当にご苦労様です。

私ごとき者はこんな猛暑の練習に耐えられません。やった所でパフォーマンスも下がってダラダラと漕いでるだけのチープな練習になるのは目に見えている。もう40歳代なんだから効率的な練習を心掛けたい。

日焼け+熱中症+内蔵機能低下などのリスクを犯して走るメリットは全くない。

ってのが私の練習ポリシーなんだけど、じゃあ~ど~するの??ってことでやはり早朝練習しかないのです。
日の出前から4~5時間走って気温が上がる9時には終了!!!   ってことで今日は北山に早朝アタックしました。

午前3時50分。まだ真っ暗です。ライトをつけて市内を走る。なんと気持ちいいことか・・・デジカメが電池切れで撮影できないことが、いたく後悔。

うす明るい鞍馬をすぎて温泉もパスしていくと・・・前に赤いチカチカが見える。それも結構な数・・

ギヤは全回同様34×23で高ケイデンスを維持しながら行くと先行者達を次々とパスしていく。おはようございます~っと挨拶を交わしていくが、途切れない・・・  ん~???一体こんな早朝から何人走っているんかいな??? もう10人以上パスしているが?? しかもみんなバラバラに来ている様子。まだ5時前ですよ~!!!

さすがですわ!!こんな時間に走る変態は私一人やろ~って思いきや、いるわいるわ変態さんが大勢います。でもみんな黙々と汗を滴り落としながら懸命にペダルを回しています。 同じように黙ってペダルを回す私は思わず、熱いモノがこみ上げてきました。息遣いとチェーンが回る音だけが支配する空間で、話しをするわけでもないが、強くなりたい・・・とか痩せたい・・・・とか色々な目標を持って走っている人の目は、みんな同じ目をしている。

なんか花背の激坂を点々と連なるバイクを見ていると、身体はキツイけどフッと『想い』だけが先行して行ってしまうような気がしました。

気がつけば水飲み場もパスして頂上に・・・ここでも5~6人が休憩していました。多分単独で来ている人ばかり・・・ペースの違いこそあれ、こんな時間にここまで来ているという自負だけは皆は持っているのだろう、そんなオーラを感じました。なぜかみな寡黙で話をしてもらえなかったのが残念でしたが・・・

クライマーは孤独なんやね・・・

さて まだ涼しいうちに下り始め、大布施から周山を目指す。当然井戸峠にもアタック!! ここは50×23縛りで通した。時速は10㌔以下のオールダンシングであるが、ペダルに入力するパワーに無駄がないように集中した。短いのですぐに終了。周山に降りる。

サンダイコーはまだ開店していないので、水だけ補給して栗尾峠に向かう。
そこでケイリン選手集団に遭遇。彼らもまた早朝練が好きなのか??  一体どんなギヤなのか? 42×15あたりだろうか?? 登りでもシッティングで上がっていた。しかし下りはえげつない程早い!! こっちは50×13でブン回してもちぎれそうになる。そして裏京見の登りに入るとこれまたありえない速さで登っていく・・・今日はこんな追い込んだ練習するつもりではなかったのに~  心拍は180を超えている。でもアウター縛りのダンシングのみで喰らいつくが・・・・水呑み場であっさりちぎれました・・・彼らは強すぎる・・・そりゃ生活かかっているもんな~ そりゃそうやわな~

市内に降りてくると、いきなり35℃の世界に目覚める。今ままでは極上の世界だったのに・・・哀しい。そうそうに帰宅して9時には昼寝ならぬ朝寝で体力回復を図る。

こんな練習なら身体にダメージも残さず、明日も続けることができそうやな・・・やっぱり早朝日の出練は最高だ~!!!



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/679-93342cb7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。