スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹後300㌔を完走!!

2012年07月01日 14:12

●6月30日

春の長距離練習完結版として丹後300を完遂しました。かねてから計画していたこのコース。単独で300㌔は躊躇していたのだが、行ってしまえばそうキツイものではなかった・・・・お陰で楽しいツーリングとなりました。

 ただし1/3は雨のなかのライドであったが・・・


早朝4時に自宅を出て、縦貫道を利用すれば丹波町まで1時間。便利やなあ~ 

今回の計画で京都から自走すれば400㌔になって夜間走行が必要となる。そんな趣味はないので車利用をチョイスしたのだ。

IMG_1334.jpg

今回の出発地 山形屋。ここで車をデポ。

IMG_1335.jpg

今回の相棒はイザルコ。マドンはまだお蔵入り中なんで・・・・

R9は快調に進むが空模様が怪しい・・・後半は雨も覚悟しているが・・・なんとか持ってほしい!!

IMG_1336.jpg
早朝の福知山。R9の工事が進んでいる。その後R426に入り登り始める。風もなく快調に飛ばすが、後半のことも考えて抑え気味に・・・でも50×21で十分やった。

IMG_1337.jpg
トンネル内は下り。これは助かる!!登りのトンネルほどイヤなものはない!!

IMG_1338.jpg
トンネルを出ると晴れている!! お~私の行いが良かったことを信じて、下りを快調に飛ばす。ここから基本的に豊岡まで下り・平坦だから、余裕が出てくる。

出石もあっさりと通過。本当は皿蕎麦を食いたかった・・・今回は我慢・・・また車で来よう。

ここまで50×19でも余裕。後半に備え体力温存しとかなあかんのに~

IMG_1340.jpg
城崎に近づくとこんな看板が目立つ。かにはシーズンオフだがそれでも喰いたい!!

IMG_1342.jpg
土曜の時間が早いと駅前も閑散としている。11月~3月は人でごった返しているのに・・・かにの行商おばちゃんも皆無だ。

IMG_1343.jpg
IMG_1344.jpg
温泉街で大休止。持ってきた補給食にパクつく。今回の補給食は自作ジャムパン4つ・ドーナツ5つ・カリカリ梅5つ・サラミソーセージ5つ・チーズ2つ・ウィダー1つ・ソイジョイ3本の以上。結果買い食いは全くなしでした。
これら全て背中のポケットに入れて走ってました。腹が減ってはこげません・・・ん~持ちすぎ??

IMG_1346.jpg
温泉街を通りぬけ、峠を一つ越える。50×21で十分の小峠。ここを越えると竹野町。ここから海沿いに走る。

IMG_1347.jpg

キター!! 海!!
海です!!海!! 海底まで透き通った海!!  あ~いいなあ。泳ぎたい・・・ 京都に住んでいる私は海とはあまりかかわりませんので、海は憧れでもあるのです。

ここからしばらくは海を堪能できるのだが・・・海岸に付き物のアップダウン道・・・距離も標高もないが、斜度だけはキツイ!!これが結構脚にくるのだな・・・

IMG_1348.jpg
結構登ったかと思うと一旦水際まで下りてまた登る。ん~   橋を作ってほしい・・  向うに見える道まで何回アップダウンがあるのか・・・

IMG_1349.jpg
IMG_1350.jpg
はるか先に丹後半島の先端らしきものが見える。あそこまで行くのか~ こんなアップダウンは勘弁してほしいところである。

やっとこさマリンワールドが見えてきた。道は下って小さな漁港に。ここで冬場に蟹を買いたいぞ~

港大橋を渡り、三原峠を越えて久美浜湾を見下ろす。脚は大丈夫であるが、腰が張っている。ポジションが悪いのか??

IMG_1351.jpg

IMG_1354.jpg
海の歩道橋??  このあたり温泉旅館が多い。こじんまりしていいなあ~ 冬の蟹と夏の海水浴は込むのであろう・・・

IMG_1355.jpg
夕日を見ながら・・・恋人と愛を語りますか?? それとも一人でもの思いに耽りますか?? 私は蟹を思いますが・・・

久美浜湾は静かな内海でカキ養殖の筏なんかが多数見えます。カキも食べたいなあ~

このあたり民家からは時折ガシャンガシャンと昔の織機の音が聞こえます。丹後ちりめんの産地なんですな。ここは。網野・間人と過ぎれば段々激坂海岸が多くなってきます。それほどキツクはないので一気に行きたくなるのをこらえてインナーを使い出す。

IMG_1357.jpg
経ガ岬を越えると景色は最高!!脚は最低!! ペースが上がらなくなる。しかし今日は全く自転車ツーリングしている人に合わない。こんないい景色なのに・・・何故来ない???

IMG_1359.jpg
断崖絶壁にへばり付く道。凄いなあ~  トンネルも片側が開いている。明るく、開放的でいいぞ~
IMG_1360.jpg

そして今日1番景色が良かったところ。こんなに海面から距離があるのに海底が見える。海が青い!!
IMG_1361.jpg
IMG_1362.jpg
はるか彼方から下ってきた道が見える。なんと自然のなかに同化した道・・・しかしこれ以上は人工のものを作ってほしくないな~ 私のエゴであるが・・・

ここから一旦下りきったところで雨が降り出す。ん~もはやここまで、日頃の行いが悪かった事を悔いるが・・・後の祭りだ。

伊根までのアップダウンもペースが上がらない。雨が一気にきつくなり前が見えない状態では時速30㌔も出ない。雨しぶきで顔が痛い・・・カメラもしまって写真もここまで・・・

伊根の舟屋も撮りたかった・・仕方なくバイパス通過。ここから舞鶴まではひたすら平坦。雨はキツクなったり小降りになったり・・・福井のグランフォンドでも雨の中を100㌔以上走ったので不安はないが・・・なんかつまらない。天橋立・宮津と見所はあるのに、疲れもあって淡々と通過していく。腰も痛いが我慢できないほどではない。しかし手の平が痺れだした。アルミハンドルにバスキルは入れているが、あまり効果がないのか??距離が長いと仕方ないのか??

舞鶴からジワジワと登りが始まる。行ってしまえばなんてことのない傾斜であるのだが、時速30㌔の維持は難しくなってきた。雨は相変わらず降り続ける。伊根町以降の休憩はコンビニの軒で取っているが1回も座っていないし、ごく短時間で済ましている。このあたりの道はよく知っているので不安もない。やはり長距離ツーリングの後半に土地勘があると心強い。

綾部を通過してあと少しであるが、このR27は丹波町まで登りが続く。峠があるわけではないが、ペースは格段に落ちて、腰の痛みもジワジワ出てくる。ここまで来るとシッティングよりダンシングのほうが楽であり、少しの傾斜でギヤを落としてダンシングを多用 ペースダウンを防ぐ。まだ暗くはなっていないのでこのまま一気に丹波町まで突っ走った。自分の脚に渇を入れて・・・・

なんとか夕方暗くなる前にデポ地に到着!!! 丹後300を完遂しました。

平地主体のこのコースは自分で思っていた程キツクはなかったです。岬めぐり中はアップダウンに苦しんだが、山の峠と比べたら何でもないし、ただ距離が長くなる集中力の途切れと手の痺れが今後の課題か・・・でも本当に楽しかった!!!海沿いのコースを堪能できました。

 楽しかったツーリングのペースはアベ28キロと前回の鈴鹿越えと同じくらいでした。でも休憩時間を入れると300㌔ 12時間15分 アベ25㌔以下となってしまうのか・・・単独ツーリングとしては申し分ないと思う。何より気ままに写真を撮ったり、休憩を入れたり出来るのがいい。集団ならアベももっと早く、身体的にも楽であろうがツーリング的は楽しみは単独が1番であろう。

練習目的なら集団で行くほうが楽しいけど・・・・

これで今期の目標

青山鈴鹿越え
丹後300
山城5000
となったのである。

山城5000は秋でいいか・・・

これで当分長距離は封印して、マドン出動です。スピード+高負荷練習メインにしていく予定です。

待ってろ!!鈴鹿!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/661-903ed94e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。