スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴鹿山脈2度越えツーリング(京都から自走)

2012年06月03日 14:36

●6月2日

 いつかはやらなければ・・・と思っていた鈴鹿御在所越えを敢行してきました・・・といっても武平峠にはやられっぱなしでしたが・・・


金曜の深夜にK君と決まった鈴鹿行。本当はもっと声を掛けたかったのだが、時間が時間だけに今回は二人で行く。日のあるうちに帰宅したかったんで出発は6時半と早め。

宇治川ライン~鹿跳橋~朝宮~信楽といいペースで走る。しかし今日は鈴鹿越えを130㌔当たりで挑まなければならず、脚には余裕を持たせて行きたい。ペースはやや落ち着いて進む。前回は信楽まで車でここから走ったが、今回は完全自走・・・ん~大丈夫か 俺の脚!!! 

天気は薄く曇り。気温は23℃前後と最高のコンディション!!  水口からはグリーンロードバイパスに入る。前回来た時は、有料道路だったのに、いつの間にか無料開放している・・・・しかしなだらかなアップダウンが続くこの道も飛ばせば脚に来るのだ。

日野からR421に入るとグッと鈴鹿山脈が近くなる。緊張して見上げる・・
IMG_1264.jpg
かなり曇ってますが・・・・


紅葉で有名な永源寺を越える。ダムへの登りでも50×23でこなせる・・・ここでの無理は禁物のはずが・・・

IMG_1265.jpg
IMG_1266.jpg
石クレ峠はどの辺りかな~

八風街道はトンネル開通と同時に新道化され実に走りやすい。トンネル手前にあったお助け水

IMG_1268.jpg
IMG_1267.jpg

明らかにオッチャンはやりすぎですな・・・

何で京の水なのか・・・・?

IMG_1269.jpg
トンネルは滋賀県側から入ると下り基調。これは助かります。結構な大型も通るので下りでないと怖い。しかも4㌔は長い!!  換気扇の音も強烈で怖い!!  これが登りなら余計にしんどいし、神経をすり減らすだろう。
トンネルを出ると三重県に入る!!快適に下りR306の平坦道も二人で先頭交代しながら行く。R477に入ると鈴鹿山脈が正面に聳える・・・ここで昼飯にした。思えば時間的には最適であったが、私的には最悪のタイミング。食べないとハンガーノックになるし、食べ過ぎると腹にもたれて登れない・・・どうしたもんか悩むが・・・プリン+ウイダー+寿司(助六のミニ)    しかしこれでも私の腹には過剰であったようだ・・・

 R477が近鉄線と離れる所から登りが始まるが・・・熊牧場を過ぎる頃から斜度が上がる。でも10%前後のストレートな登りが延々と続く。北山にはない登りだ。34×21で行くともうダメ・・・腹に力が入らず・・・ん~やっぱりあの休憩時に喰った飯があかんのか・・・吐き気に襲われる・・脚はまだまだ行けるが腹が・・・

ロープウェイの下を潜る所で休憩。前回と同じだ。すぐに走り出すがやはり吐き気に勝てず、少しもどしてしまう・・・大量の汗・・・尋常ではない量だ。水を被ったわけでもないのに、ポタポタではなくビチャビチャと滴り落ちる・・・2回目の休憩で少し楽になりヘヤピン区間に入る。斜度は相変わらず一定調子で上がっている。

何回目かのヘヤピンを越えると上から人の声がしてやがて展望台に到着・・・・結局前回来た時と同じ2回の休憩で登り切った・・・全く進化なし・・ ギヤはコンパクトで楽なはずなのに、あかんな~ 全く情けない・・・

K君はペースを俺に合わせてくれたので楽勝ペースで進んでいる・・・聞けば彼は体重が60㌔を切ったらしい。私はやはり68㌔~69㌔・・・そりゃしんどいはずやわ・・・脚は行けてるのに勿体ない・・・ でもここの斜度ならここだけを上がるならノンストップで行ける自信は付いた!!  京都からは無理であるが・・・後はいかにここまでを省エネで来るかという事やな・・・

IMG_1270.jpg
IMG_1274.jpg
IMG_1271.jpg

ここからの景色は晴れていれば伊勢湾が見えるのだが・・残念
IMG_1272.jpg

IMG_1275.jpg
疲れを癒す二人のバイク・・・見上げるとはるか上に御在所岳の駅が見えた。ここからまだ200mは上だ。ここまでの標高差は800mを越えている。今まで一気にこんな標高差を越えたことがない。六甲でももう少し低いし、距離もそんなにない。しかしここまで来ると格別な感じがする。

IMG_1277.jpg
トンネルを抜けると再び滋賀県に入る。これで鈴鹿山脈2度越え達成だ。下りも快適に下りる。道がよく安心して切り込める。北山の峠はこうもいかない。常に緊張のしっ放しであるから・・・いつアスファルトに穴が開いているか判らん道は疲れるのだ。

さて帰りも先頭交代しながら延々とアップダウンを超えてくる。信楽への登り返しも淡々と進む。脚はいっぱいいっぱいであるが、追い風とK君のお陰で少しは楽に走れた。

 今回のツーリングは補給のあり方が大事になった。御在所の登り手前に取るにはやはりNGであろう。山頂で固形物を取るべきだな。その後は・・やはり喰いまくる必要があると思う。200㌔を越えてくると何時ハンガーノックになるか判らないし・・  で最近私がよく手にしていたものはドーナツ!! 今回も沢山ポケットに入れて喰っていた・・・しかし後半になると油がいけないのか気分が悪くなってしまう。今回も最後の宇治川ラインでまたまた吐きそうになった。平坦なんでなんとか耐えたが、これが登りであったならまたブレーキとなったはずだ。

 今回の走行距離は233.6㌔ 獲得標高は2668m 帰宅が5時前だったんで約10時間20分といった所か
しかしサイコンのアベは28.5㌔とビックリの速さ!! あの武平峠を越えてのこのスピード・・・もう少しゆっくり行って峠に挑めばよかったかな~ 次は同行者に迷惑を掛けない走りをしたい!!!



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/643-340e0221
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。