スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の北山八丁平を目指すが・・・・

2012年02月21日 22:54

●2月19日
早朝は非常にいい天気であった。月と明けの明星が素晴らしかった・・・・


今日はかねてから予定していた北山アタックに行く。お相手はいつものT君だ。彼とは年に1回の恒例行事となっている。今年は日帰りであるが、豪雪で何処へ行っても雪に事欠かない。いつもながら無計画な山行であるが、とにかく花背峠を越えてみようということで午前6時前に自宅を出発。(一応断ってはおきますが、決して無理はしません!!)


IMG_1043.jpg

北山へ行く時のバロメーター シクロ橋から北山を望む。土曜の雪はこのあたりでほとんどない。山にも雪はなさそう・・・・


鞍馬寺前でもこんな感じ

IMG_1045.jpg
路面は全く雪がない。しかし気温は-4℃。濡れていた路面は凍結している。車は4駆のスタッドレスなんで全く気にもしていないが、温泉を過ぎると景色は一変!!!

IMG_1046.jpg
峠の途中でも積雪50cm以上。スタックしている他の車を尻目にスイスイと登るのだが、ヘヤピンカーブではややすべる。心配なのは峠の北面だ。この時間ならまだ車も走っていないので路面もツルツルになっていないだろうが・・・心配・・・

IMG_1047.jpg
IMG_1048.jpg
そりゃ凍結するわな・・・・

ここからはそろそろと下る。花背の集落では気温が・・・・・

IMG_1050.jpg
何~!!!-13℃??? 絶対に壊れていると思うな~

さて行き先を大悲山からの林道で峰床山を目指すことにして、美山荘に到着。ここで車をデポ。さてここからスノーシューで歩き出すのだが・・・・・
IMG_1052.jpg
何処が出発点なのかわからん・・・・




IMG_1051.jpg

どうやらこの橋を突破し林道が始まるらしい・・・一体積雪何メートルあるねん!!! 

ここは腰までのラッセルを強いられた。林道で膝程度のラッセル。今日の高低は林道メインとはいえ距離が長い。ん~ここにきて山頂までは無理なような気がしていた・・・・

IMG_1053.jpg
天気がいいので気分は上々。しかしペースは全く上がらない。適当にコースを選んだツケがきたか・・・しかもこのコース夏も来た事がない。地図とコンパスだけが頼り。まあ無理せずいけるところまで行って帰るとい目的に変更して先を進む。時折股くらいまで沈む。スノーシューが無ければもっと悲惨であったろう。

そして林道を1本間違って右折。三本杉の前まで来て気が付いた・・・間違っているやん・・・・ここから引き返すのもツライが道無き壁をよじ登るのもどうかと・・・しばし悩む。

IMG_1058.jpg

樹齢何年なんでしょうか???注連縄が巻かれていた。さてここから激坂をよじ登ることにして2時間奮闘。一応尾根には出られたが、二人ともヘロヘロになってここがどこかも判りづらい状態。辛うじて道しるべなどから位置を割り出し先へ進む。しかし天神の峰というピーク871で今日の進軍は終了とする。コンロでのラーメンも恒例だ。風がないから寒くもない。我々以外には全く人の気配もない。まことにノンビリとした時間を味わうことが出来る。こんな時間を持つことも大事なんだな~  ノンビリと過ごした後はサクサクと我々がつけたトレースを忠実にたどる。

IMG_1054.jpg
こんな激坂を積雪期に来るアホもおらんやろ~

IMG_1056.jpg
北の稜線が峰床山かな????

さてここから引き返すのだが、激下りは下りるというよりも落ちるだ・・・5時間かかってきた道を1時間半で戻ってしまう。

IMG_1057.jpg

ここまで積もるとスノーシューよりワカンのほうが楽ではないかな???

我々はピークハントではないので雪の上を歩くだけで十分満足なのだが・・・1年ぶりの登山はやはり身体のアチコチを痛めつける・・・肩・腰が痛む。でも心地いい疲れに浸って、帰りの花背峠を越える。

帰りは雪も解けて楽々に走れる。京都市内は今朝のように素晴らしい天気となっていた。

年に1回だけの冬山登山で今回も行き当たりばったりであったが、非常に楽しくそして過激な山行であった。これでまた雪への憧れも十分満たされました。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/603-1822556f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。