スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大峰・大台ケ原・吉野アタック!!はパンク三昧・・・

2011年05月05日 13:18

●5月3日
 かねてから予定していた奈良県の深部山岳部ツーリング・・・・それなりの準備と覚悟をしていたが、予想以上であった・・・・

 同行者は同期のK君。彼の車で3日午前4時に京都を出発。連休後半初日を想定しての出発であったが、京奈和道はガラガラ・・・奈良市内のR24もガラガラ・・以外にあっさりと奈良市内を縦断できてしまった。五条からのR168はこれから行楽に行く車で増えてはくるが、全く問題なし。しかし天気はイマイチ・・・・これも黄砂のためか・・・・雨は降らないと思うが・・・青空はどこにもない!!

 結局2時間半で大塔村の道の駅に到着。今回は十津川村からの周回コースを考えていたが、R425に通行止め区間が多数あることからコースを変更。大台ケ原方面から吉野をめぐって回るコースに変えた。谷瀬のつり橋なんかを期待していたのだが・・・・仕方ない。
IMG_0285.jpg
早朝にもかかわらず駐車場は満車状態。しかもみな仮眠しているような????どこに行くのだろうか???
早々に支度をしてイザ出発!!!装備はチューブ3本、補給食はいつもの3倍、ライト、長手袋、タイツ、長ジャージ、長アンダー、ウインドブレーカーといったもの。

IMG_0286.jpg
ここは峠の頂上部分にある。いきなりの下りから幕開け!!!それもかなり下る。300メートルは下ったか??天の川を遡る。といっても傾斜もなく平坦。アップにはもってこいだ。渓谷には釣り人があまた・・・またオートキャンプ場も沢山ある。京都では見られない渓谷美を堪能しながら1時間で天川村の中心部についた。ここは大峰山登山の中心点。案内所なんかもあるが、今はまだ閉まっている。にもかかわらず山歩き姿のひとがチラホラ・・・しかも女性の一人歩きが多いような気がする。
IMG_0287.jpg
ここらにはこんなつり橋がいくつも存在する。
IMG_0288.jpg

自転車で渡れそうなんで嬉しくなってつい・・・・
IMG_0289.jpg
全くゆれず、恐怖感ゼロであるが・・・・地元の生活道路といったものかな。

ここで3人のロードツーリングに出会う。やっぱり連休だ。こんな深部にもいるんだな~
さてここらら行者還峠まで登りが始まる。距離は12キロ。しかし大半が渓谷に沿った平坦道。ビビっていたが大丈夫そう。
IMG_0291.jpg
 みたらい渓谷の入り口。遊歩道が整備されていて絶対行ってみたい!!!休憩所?案内所?みたいな所もある。渓谷には相変わらず釣り人多し。絶壁に囲まれた幹事の渓谷をひたすら登るも、そんな激坂はない。アウターで十分である。
IMG_0293.jpg
所どころに山桜が満開でいい感じ~ルンルン気分で進むと・・・
IMG_0292.jpg
こんな感じのつり橋が一杯!!!同行のK君の思わずはしゃぐ
IMG_0294.jpg
段々深くなっていく渓谷に、いつになったら現れる激坂???と怯えながら進むもあっさりと尾根筋に乗って行者還トンネルに到着。ここは登山の出発点か?車が大渋滞。観光バスまで来てる。
IMG_0297.jpg
ここからは行者還岳や主峯の八経ヶ岳に行けるそうで凄い人ごみ!!!
IMG_0295.jpg
トンネル手前から大峰山主峰。
IMG_0296.jpg
ここから登山道が延びている。あいかわらず女性多し。でも大峰山って女人禁制じゃなかったっけ???

 トンネル内は真っ暗でライトが必要。それも強力なものが必要だ。ちょっと怖かったぞ!!!なんせ脚もとが全く見えない。穴ぼこでもあったら終わってるし~
IMG_0299.jpg
IMG_0300.jpg
これから行く大台ケ原方面。全く見えません・・・
まあしかし楽しい楽しいダウンヒルを豪快に楽しむ!!ヒャッホウ!!!
IMG_0301.jpg
この高低さ!!!あんな下まで下りていくのか!!もうアドレナリンでまくり!!!!

しかし!!!この後悲劇が二人を襲う!!!


かなり下ってR169まであと少しのところで鉄製の溝蓋が3センチほど浮いていた・・・そこを高速で通過・・・

パシュウ~・・・・・ひえ~!!!   前後輪ともパンク・・・しかもK君の後輪パンク!!!
そしてワイワイと声がすると思ったら先行者3人もパンク修理をしていた!!!なんじゃそら???魔のパンク地帯?? 後からくる3人にも知らせないと・・・って思ってたらすぐに追いついてきた。どうも先行の3人と同じグループであったらしい。色々情報交換してわかれたが、山の中では人が多いほど心強い。しかし一気にチューブを2本使ってしまった・・・後が怖い・・・

R169 に出るといきなりの登り。下ってきた体にはこたえる・・・。トラックがバンバンとおる登りをヒーコラ行くと・・・
IMG_0303.jpg
新伯母峯トンネルに着いた。ここも大峰山の登山口。

IMG_0304.jpg
IMG_0305.jpg
トンネルを出るとさあこれから本日最強の登り 大台ケ原への登り!!!距離は22キロ!!!最大傾斜18%!!!

いっておくが私はクライマーではない。生粋のスプリンターだ。今回も急遽コース変更っでここがコースになったに過ぎない・・・覚悟を決めて行こう!!!  先行に寝屋川から自走できた3人がゆっくり上っている。ん~一緒に行きたかったがK君のペースはいつもながら早い!!彼は絶好調のクライマー・・・しゃ~ないな~
序盤がキツイ! インナーローでダンシングを繰り返す。花背峠ほどではないが、やっぱり厳しい・・・伯母峯峠を越えると傾斜は楽になる。
IMG_0306.jpg
 ここからでもゆうに15㌔はある。脚を労わりながらインナーローでゆっくり回していく。景色はいい筈なんだか、やはり黄砂で真っ白状態。雨もなく風もないことだけが嬉しい!!  上にはこれから行くコースが見える。そんな強烈な登りではないのが精神的な安堵感に繋がる。これがはるか上に道が見えると参るのだ・・・カーブのたびに次に見える斜度を確認し安堵して行く。これの延々と繰り返し。時折アウターでも行ける緩斜面が現れるが、その後必ず激坂が交互に現れる。こんな所でレースなんて勿体ない・・・景色こそ心の支えなのに・・・
IMG_0309.jpg
IMG_0308.jpg
こんな景色になってきたら後少し・・・・・

やっと頂上に到着。ここでこんなに脚を使って大丈夫か??まだまだ登りはあるのに・・・
IMG_0307.jpg
ここも観光地かされていた。観光バスがバンバン上がってくる。伊吹山の山頂に似ている感じ。ここで小休止。補給食もバンバン食べて、下りに備える。下りはやっぱり楽しい!!!ガンガン下ってまたまたアドレナリンだしまくり!!!  しかし・・・R169 に出る寸前にパンク・・・・ついてないなあ~これで持ってきたチューブを全部使った。今後パンクしたらK君に借りるしかない・・・

R169 にでても豪快なダウンヒルは続く!!!ループ橋なんかもあったりして楽しい!!しかし脚には疲れも見えてくるハンガーノックになると厄介なんで吉野の手前、杉の湯川上 道の駅で昼食とする。ここで午後2時半。2回のパンク修理が痛かった・・・早々にここも出発した吉野に向かう。

吉野川沿いにはバーべキュウなんかしている人でごった返していた。渋滞も出てきた。奈良の名所やもんな~
しかし今まで山岳深部を走っていたんで町中はちょっと安心安心。
 さて吉野からやっぱり登りが出てきた。吉野神宮までも結構な坂
IMG_0312.jpg
桜の季節は過ぎたがここからは絶景が見えたはずの吉野上の林。
IMG_0313.jpg
なんたって世界遺産です!!!人ごみに混じって先を急ぐ。
IMG_0314.jpg
有名なお寺。高野山とは違うが・・・ここから地図で確認しながら慎重に進む。小さな峠を下るとまたまたパンク・・・・おいおい??これで3回目・・・彼にチューブを借りるも二人で計6本使い果たした・・・しかもこんなところで???パンク修理セットを持っているが、できれば使いたくない。それからもっと重大なことが・・・・

時間がない!!!
パンク地点で午後4時・・・・日暮れまでに帰れるのか??? 地図とにらめっこしながら黒滝村に入る。ここからまで強烈な峠を越えて、洞川温泉を抜けていくべきか??R309 に入っていくべきか??? 時間は5時前・・・
予定では行きに使った天の川沿いを下る予定だがそこは日暮れには走りたくない!!次にパンクしたときのリスクが高い。仕方なく道の駅黒滝に出て、R309を遡り、県道49号を下ることにする。すると車で行きに通った登りを走る事になるが、真っ暗な県道と国道なら後者を選ぶだろう。笠木トンネルまで気合で登って県道49号を下る。
IMG_0315.jpg
約11㌔はずっと下り。秘境の渓谷道かと思ったら結構集落があった。所謂限界集落か??なんか平家の落ち武者がいそうな??集落であったが、薄く暗くなるなかでは安心できる。
 最後のR168 の登りで小雨が降ってきた。雨は覚悟していたが、ここからなら許せる。が!!登りはもう脚が残ってない・・・インナーローでひたすら回すだけ。疲れたらダンシングしてごまかす。攣りそうになったらペースを上げ下げして調整。そのうちに段々ハイになってきてペースが上がる??ん?これがクライマーズハイって奴か?? でも自然と笑えてきてヘラヘラ一人笑いながらラストスパート!! 最後の峠、トンネルを過ぎてやっと出発点に到着・・・・・


 疲れました!!本当に甘く見てました。今回のコースは色々アレンジできて助かったが、十津川~竜神スカイラインなんていっていたらどうなっていたか・・・


距離172キロ  獲得標高3,655メートルは強烈過ぎます。クライマー向けのコースであるが、景色だけは堪能できました。ただハンガーノックにだけはなりませんでした。計画的な補給を心がけ、ペースに急ブレーキがかかることなく完走できたことに対して大きな自信となりました!!!

 しかし恐るべき奈良県深部山岳部!! これからも挑戦していきたいぞ~!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/498-a8cde6a9
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。