スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マキノ赤坂山スノーハイク

2011年02月20日 22:51

●2月20日
昨日の夜8時から京都を出発。1時間でマキノに到着するも適当にテントを張るところが無くあたりをウロウロ・・・・

結局はマキノの山奥 在原集落へ行く途中の道沿いでテントを張って、即就寝。

赤坂山2010 002
外気はマイナス2℃程度。この時期としては暖かいほうか・・・5時までぐっすりとなてマキノスキー場に入るも駐車場のオープンが7時と時間待ち・・・・はっきり言って京都早朝出発でもよかったのだが、まあテント泊も雪山雰囲気が味わえるものとして、いいかな~  ガソリンコンロのフォエーブスなんかも使えてそれなりに楽しかった。

さて8時前にスタート!!
赤坂山2010 004

前を行く今回の先行者T君
天気は最高だが上部は相当風が強そう・・・・雪は締まっている。この1週間雪が降っていないらしい。このまま行けばスノーシューを使わないかも・・・・

取付けに迷ったが、すぐに足跡で判った。山スキーの山ガール2人は方向違いみたいで、今日のトップを行くことに。しかし全くツボ脚にはまらず、スタスタと登れてしまうぞ!! 
赤坂山2010 009
雪に埋もれた東屋まで45分で到着。しばし休憩・・・非常に暑い!! ここから尾根沿いに急斜面もあるが、全く問題なくスノーシューの出番もなく進む。

主稜線に乗っ越すと・・・・一気に潅木もなくアルペンムードが高まる。
赤坂山2010 012
赤坂山2010 013
赤坂山2010 011
しかし風をさえぎる物もなくえげつない風が容赦なく吹き付ける・・・でもここまできたら山頂はすぐそこ・・・

赤坂山2010 035
山頂が見えてきました!!!

しかし北側からの突風で1分もいられず、写真だけとって琵琶湖側の斜面に避難する。

赤坂山2010 015
北東側  左端うっすらと白山が見える・・・

赤坂山2010 029
東側  能郷白山が見える。

赤坂山2010 020
北側 天気がよければ若狭湾が見えている筈・・・・・残念!!

赤坂山2010 030
東南側 琵琶湖や伊吹山、鈴鹿方面

頂上の琵琶湖側5メートル下に雪洞跡がある。ここは風が全くなく別世界。ここで早いが昼ごはんに・・・と言っても2時間程度で上がってきた為コンロで紅茶を沸かして飲んだだけ。後はそそくさと下る。日が昇ってきて雪が腐りだし、ますますスノーシューを使わない・・・くだりは半分滑って走る?? 時間は40分もかからずスキー場へ降り立つ。この頃にしたから続々と上がってくるパーティーに遭遇。ここはスノーシューハイクの初心者向けコースなんだな。それでいて結構なアルペン気分が味わえるので人気があるのでしょう!!


結局1回もスノーシューは使わず。実働往復2時間半程度で終了~  まあここはこんなもんでしょうか??

後は温泉にのんびり使って帰京。
赤坂山2010 036


渋滞のない時間帯にあっさりと京都まで戻れました。来週から暖かくなるみたいで雪山もこれで終わってしまうのでしょうな~
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/470-797d10a5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。