スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福井グランフォンド参加レポートその3

2010年07月18日 01:23

●7月17日

遅ればせながら6月13日に参加したグランフォンドのレポートを・・・

上中町に着いたときの体調は明らかによくなかった。両膝の痛み(筋肉痛的な)に加えお尻の痛みもあった。
これからまた他のカテゴリーと別れ寂しい道のりになることが判っているので余計にブルーになる。R162に入るまで西若狭街道を走るがアップダウンが厳しい。脚に余裕があるときはなんでもないが、ここにきては辛い・・・

R162を堀越に向かって上る。風は向かい風。一人で淡々と走る。前も後ろも全く人が来ない。途中自販機で飲み物をゲットするために小休止を入れたがそれでも全く来ない。自分はそんなに集団から離れてしまったのか・・・・
不安がよぎる。  急な坂もないが、時速30キロの単独走行はキツイ。シッティングでまわすのだが、孤独感極まりない。なんか単独でツーリングしているみたい・・・・・

石山坂峠に差し掛かるとケイデンスを若干落として(80→70)耐える。後ろから数人の集団が来たのでついて行く。やはり集団の中で走るほうが、なにぶん安心できる。大飯からのコースにも不安があったから・・・・
峠の登りは集団より私の方が脚があったので先行して越える。インナーでまわせばなんてこともないが、やはりボディーブローはジワジワ来る。激下りした後大飯のチェックポイントへ。ここでは10人くらいが休憩していてジュースやおにぎりなんかを補給する。通過したひとのチェックをすると30人位は通過している模様。時間的に考えてもこのペースで行けば2時半から3時には到着できる。おー!!いいやん!!
単独で走っていたときは一体何時に到着できるかそればっかり考えていた。これでだいぶ気持ちが楽になった。

しかしやっぱり雨がポツポツ降ってきた。いやザーザー降りになってきた。登りではよかったが、これからはなあ~  大飯で距離稼ぎの周回をこなし、西若狭街道に再び入る。
アップダウンしかない!!!なんじゃこの道は???  でも大飯から数人で集団を作っていて脚もまま同じ位でいい感じ!! 5人くらいで回しながら会話もあり楽しくなってきた。やっと大会に参加しているなあ~って実感できてきて、そうなると脚も調子が出てきてガンガン回るようになってきた!!!

雨はキツイが、小浜市内をMTBの彼とどこかの大学生2人組とで走る。彼らはGPSを使っており後残り距離は・・・とかこれから数十メートルの登りがある・・・・とか事細かに情報を共有していた。最近の学生はお金持ち!!!

海沿いを走るようになっても脚は絶好調!! 少々の登りはアウターダンシングで越えていきます。4人の中ではほとんど引いていました。田烏からはまた他のカテと合流し、ガンガン抜いていけるようになる。自分の前にいくらでも目標物があるので楽しい!!!やっとグランフォンドの楽しみを味わうことができたかな~!!

三方のチェックポイントでは人がたくさんいて大賑わい。雨はキツイが寒くはないのでウインドブレーカーだけでちょうどいい状態だ。ただし止まると寒い・・・そばを喰って、また走り出す。最後の登りを意識して、脚を残すようにケイデンスは抑えて(80)走る。

敦賀半島に入り馬背峠に入るも脚はまだあり、ごぼう抜きできる!!ここでも無理はせずインナーで上がる。以前来た時はアウターでも十分であったが・・・・ただ脚には異変が・・・・っていうか体全体に異変が・・・
力が入らなくなってきた・・・補給は十分していたが何故??? 立石の灯台を目指すと全くのスピードダウン!!!!あれあれあれってな感じで、登りがインナーローでも時速10キロ程度まで落ちてしまう。

冷静に考える思考能力もなく、ただ前進するのみ。折り返してくる人とすれ違いまだまだ半分より前にはいるなあ~って気はしていた。しかしこれほどペースダウンしてもやっぱり後ろから誰も来ない。なんでやろ~??
必死で折り返し地点を通過来た道を戻る。この後どれだけの人が来るのか楽しみにしていたのだが・・・・
全く来ません!!!なんでやねん!!!  峠を降りた分岐点で立哨スタッフに聞くとゴール地点に4時までに帰れないと判断し、コースのショートカットをしてもらってます とのこと。ガーンッ!!!!

足切かいな!!!!ひょっとして私もすれすれで足切地点を通過したのか?? そう思うと全身の力が抜けました。敦賀の市街に入りだれもいない道を淡々と進む。最後のチェックポイントも数人しかいない!!!
三方のポイントでは百人以上いた人達はどこいったのか?? もう先に行ってしまったのだろう~なあ。なんかここでも寂しさを感じる。

ここからの坂を考えて補給をたっぷり取った。スタッフが唖然とするくらいガツガツ喰ってしまった。特にオレンジの剥き身は10ヶ位喰った。休憩もほどほどにR476 の登りに入る。脚の状態はどうだろうか??? いいような悪いような・・・トンネル前の激坂はやっぱりダメでした。膝の辺りに力が入らず。ペースダウンは酷いもの。ただ時間的に考えて3時過ぎに最終チェックポイントを出たからなんとかがんばれば、4時までにはゴールできるかなって・・・・  最後の登りに脚は持ってくれるか不安で不安で・・・しかももうゴールして飯も食って風呂も入って帰途に着く車がどんどん下りてくるではないか!!!なんやねん!!こっちは必死に走っているのに!!と勝手に憤りながら、しかし自分の情けなさに辟易しながら黙々と進む。

トンネルを越えて最後の激坂に挑むと・・・親子連れが必死になって上っていたり、押して歩いている人もチラホラ・・・私も当然39×25でダンシングで進む。それでも一昨年に比べて人が圧倒的に少ない。それはそれで仕方ないのかもしれないが・・・・

途中で垂れることなく、でも恐ろしく遅いペースでゴール地点にたどり着いた・・・・時間にして3時55分着 11時間25分で完走することができました。

あ~っ  辛かった!!!でも完走は果たした!!

という安堵感!!でも一昨年とは違った孤独感の多い道中!!!  自分が想定していたタイムよりは少し遅かったものの(11時間を想定)レース前1ヶ月の空白を超えて不安いっぱいの参加であっただけに、安堵感は大きかった。

 そもそも家族の逝去があったにもかかわらず、参加を後押ししてくれた妻に感謝し、走行中には全く存在も気にしなかったサポートスタッフにも感謝!!!   

ただやっぱり300㌔はキツかった。東京~糸魚川に何回が参加したことがあり、距離的なことは理解していたつもりであったが、如何せん内容が違いすぎる。時間的にも内容的にも全く別物であった。全てに於いてレベルが違う!ただ300㌔走ってなんとかゴールしたらいいってもんではない。GFは時間的な制約が非常に厳しいのだ。東京~糸魚川の感覚で走っていたら私も完走はできていなかったと思う。結果的には最初に飛ばしておいたことが、貯金となって制限時間内にゴールできたと思う。

GFの趣旨からはリザルトが出ないので他の人の記録はわからないが、スタッフに聞くと300㌔の完走者は40数人!!
なんと私は完走者の中でブービーに近い??? それもそのはず。敦賀からの登りで300㌔のカテゴリーは他には全く見なかった。唯一最後の登りで以前いたチームの人から声をかけられたのだが、この人も300㌔で途中の大飯で足切にあい、周回カットされたそうな・・・・やっぱり12時間はキツイのだな~ってことを改めて感じた。

ここでもっと先頭集団でゴールするにはやはり、4月~5月に300㌔オーバーを数回経験しておくことが必要であるのだ。これは来年へのいい経験になったと思う。

さてゴール地点でもアフターパーティーをやっていて色々な物が食べられた。ここでまだまだガツガツ喰えるということはやはりハンガーノック状態になっていたのかな??これもいたく反省しなければならない・・・・

先行してゴールしていたMTBも人と学生2人組もいたんでお互いの健闘をたたえ合う。しかしMTBのブロックタイヤで300㌔完走っていうのも凄過ぎる!!! 聞けば大滝なんかも上位に食い込む大ベテランであった。前半の孤独感は否めないが、後半は彼らといっしょに走れて楽しかった。それも今回の大きな収穫であったか・・・

いったん下の駐車場に戻ると私の車だけポツンと置いてある。数百台はあった朝にくらべ寂しい限り・・・一体ここにいた人達も(200キロ、300㌔で2百人以上いたはず・・・)みんな帰ってしまったということは私がどんだけ遅いかよくわかる。まあ今の体の状態からして仕方ないのかなあ・・・

ブログ 008
戦い終えてドロドロ状態のバイク

即効撤収して再度車で登り返して温泉に行く。このころには大会本部なんかもすでに撤収されておりまばらにしか人がいない・・・・なんと数千人もいた人達は終わればあっという間に撤収してしまうのね。おかげで温泉にはゆっくり浸れました。この温泉は何回入っても気持ちがいい。疲れた体を癒しながら来年への再起を誓うのでありました。

帰りも高速は使わず、下道で帰宅。R161 からバイパスを使い、飛ばしまくりで2時間半の帰宅となる。しかも大雨の中でこの時間はすごいと思う。日曜の夕方はこんなものなのか・・・・

以上が参加レポートでした。記録は記録として来年の参考に繋げたいと思います。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/409-da40bf78
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。