スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいおいおいおいおいおい・・・・・・

2009年06月16日 00:10

●6月14日
いざ 福井に乗り込んで気合十分!!  土曜のうちに温泉に入ってのんびり・・・・ 最後の激坂もチェックしました。


最後の声はこの時間でテント泊の多さにびっくりして思わず・・・・・

ニューバイク 105
またここまでの車中からも登りの様子うぃチェックしておいた。
ニューバイク 090
ニューバイク 091
ニューバイク 092
ニューバイク 096
ニューバイク 101
ついでに柿ノ木峠までの登りも偵察。準備は完璧だった。
ニューバイク 095
陽も傾き簡単な夕食も済まして、テント設営し一人でぐっすり寝られました。
ニューバイク 106
午前3時半ごろに起床。朝食もしっかりとって準備完璧。アップのつもりで激坂を下ると・・・・
なんと車の行列が延々と・・・・国道まで続いている。いや国道からトンネルまで続いている??
多分参加者が増えすぎて駐車場の確保ができてないんだろう。もうスタート30分前なのに受付すら出来てない車中の人々はさぞヤキモキしていただろう。
ニューバイク 098
去年はここをいきなり登ったが今回は一旦下って国道を上がる。偵察もすんだ。さすがに前日から会場入りしていると全てに余裕しゃくしゃくだ。

で1時間送れでスタートして激坂を下る。先導の後ろ20メートルくらいで登りに入る。周りは兵者ばかり。いきなりのハイスピード。プロレベルの3人を見送り、サード集団あたりでパックになって登る。去年ならきっと早々に諦めていたが、今回の私は違う!!マドン効果だ!!なんて思いながら踏んで踏んで峠に着く。下りもエゲツナイスピードで前を追う。このまま木之本まで時速60キロ位で先頭交代しながら下る。木之本の信号でセカンド集団に追いつきここで大集団になり大浦を巡航。そろそろこんな集団から離れてていこうか、それともこのまま行ける所までついて行くか?? 

基本的に大きな峠はないんで行けそうだと踏んで、高速列車に飛び乗った。その直後 大浦から湖岸道路へ入った瞬間だった。
南大阪にある有名なクラブチームの一人が下ハン持って俯きながらカーブにインコースギリギリを走った。私は少し車道側にいた。私にの前にもう一人。
それからその有名なクラブチーム員が車道側の延びている草にびっくりして前輪ロックさせ右側に落車。当然私の前を走っていた人も巻き込まれ落車。目の前を2名の落車で塞がれて、止まることも逃げることも出来ず私も突っ込んでしまった。

こけている瞬間もスローモーションのように考えていた。
なんでー??ここで落車やねん!!俺のバイクは新車やで~!!なんでやねん???お前そんなしんどいんやったらクラス落としてこいや!!!こんなとこでアップアップするようなお前の来る所と違うで~まして南大阪で有名なクラブ員やろ!!レベルひっくう~
身体が右側から倒れたんでリヤメカが心配や~ あいたたた・・・・・・

先の二人はすぐ起き上がりバイクを直してすぐにでも行けそうだったが、私は腰も強打しておりすぐに立てなかった。巻き込まれたもう一人はすぐに行ってもらった。私はよろよろとバイクを点検・・・

やっぱりリヤタイヤが回らない!!!あっリヤのエンドが曲がってる!!リヤメカもかなり損傷してひん曲がっている。

もはやここまで・・・・・・
ニューバイク 102
ニューバイク 108
これを見て私はもう一度倒れた。自爆した本人がスタッフを呼んできて救急車の手配を相談したんで、慌てて体のチェックをする。どうやら打撲と擦り傷以外に問題はないようだ。しかし心の問題は大きい!!!
落ち着いて見るとリヤのエンドは一体型なんでここにヒビが入ると基本的にアウト!!怖くて見られんが今 走れないのは事実。なんでグランフォンドで落車なんやろ??なんで新車を下ろした直後に落車なんやろ??なんでこのボンクラは俺の前を走っていたんやろ???
色々のことが頭を駆け巡った。悲しかった。

自爆した本人は申し訳なさそうにこっちを見ていたんで走行に支障がないなら先に行け!!と言って行ってもらった。非常に腹も立ったが、大会中のことなんで仕方ないか・・・・
それよりも自分の運のなさが不憫で仕方なかった。これでフレームもお釈迦なら自転車止めようかなってさえ思った。

あれだけ好きな自転車だから、成績低下や体調不良やらを乗り越えるためにも一代決心して買い込んだマドン。そのマドンを危険な目にさらしたくないからこそ、グランフォンドに来たのに・・・・・・
なんで俺なんかなあ~ もしかしたら神様がこれ以上自転車に乗るな!!というお告げなのか?

こんだけの準備、意気込みをもってのこの結果はあまりにもあんまりだ・・・・・


結果 スタッフに回収してもらい早々に帰宅準備してさっさと帰宅。なんの感動もなく、悲しみと絶望だけを背負い込んでのグランフォンドとなってしまった。

今は後のことを考える気力もなく、私は貝になりたい状態です。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

  1. 男の皮先 | URL | -

    大丈夫でしょうか?

    いつも楽しく拝見させていただいてます。が、今日のはキツイですね。お体は大丈夫でしょうか・・・。桂川サイクリングロードでもですが自分が抜かれないと自信過剰でど真ん中走ってるボケが多いです。レースでもボンクラは存在するのですね。復活を祈っております。

  2. トン様野郎 | URL | -

    Re: 大丈夫でしょうか?

     こんなショボイブログをみて下さる人もいたんですね。お気遣い有り難うございます。
    実は落車して回収車に乗っていた時、運転していたボランティアのスタッフが言ってました。「今年は参加人数が多いのでアクシデントに泣く人、最後の激坂に泣く人も多いと思います。今回は残念ですがきっと来年は大丈夫ですよ。また待ってますから・・・・・」って。その時はショックで頭筒抜けの状態でしたが、時間が経って思い返すとジ~ンときます。

    自分の不運を嘆くだけでは来年は来ないんですよね・・・・・
    気持ちを切り替えてまたがんばります!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/264-f1fd3ed1
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。