スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月3日

2008年05月05日 20:34

 GW後半です。高速道路や駅はどこも満員状態。民族大移動ですな。
 さて今日はXCの師匠と北山へ  天気は快晴で暑い。っていうか30度を越えて真夏のようだ。当然自転車日和で沢山のバイカーを見た。今日はXCなんで車で静原へ。途中によく一緒に練習しているメンバーを見つけた。彼らは今日はロードで日本海の小浜へ行くそうだ。今日は焼けるやろうな・・・・

私らは静原から市原、鞍馬を経て花背峠を登る。ロードと違ってギヤが軽い。ロードでは39×25でもヒーヒー言ってる激坂であるが、XCではミドル33×23くらいのギヤでクルクル回しながら登る。余裕だ。
しゃべりながら上がれる。それでも百井別れの辺りでロードが1台上がってきて後ろにつきそうになったのでスイッチが入った。ギヤは変えず回転を上げてスピードアップ。必死で引き離そうとするが向こうも付いてくる。結果同着だったがいいインターバルだった。
北山XC 001

花背峠は新緑に包まれ、目に眩しい。
ここから大見尾根に入る。途中景色のいい所で立ち止まる。尾根から琵琶湖が見えるポイントだ。
北山XC 003

一応かすかに琵琶湖が見えている。今日は快晴!!!!
北山XC 005

大見尾根前半はこんな感じで走り安い。沼地も結構乾いていて走りやすい。しかし下りに入るとごろごろの石が沢山落ちており、このバイクではまともに走れない。なんたってフルリジットなのだ。
北山XC 014

全くサスは動きません。飾りじゃないのよサスペンションは~ハッハハ~  ってなんのこっちゃ???ハンドル持って押し下げても1センチ動くかどうか・・・・しかもそれは良く見るとタイヤのボリュームで動いているだけ!!!サスは全く動かず・・・  早く100ミリぐらい動くサスがほしい・・・・・
ってなことを思いながらショックは全部体で吸収しながら下りてきた。師匠はフルサスなんであっという間に視界から消えた。いいなあ・・・・・・
降りきったら大見の集落
北山XC 006

北山XC 007

ここはサバ街道なのか・・・・・・ここはのどかな集落だが冬の間は無人になるそうな。ここで越冬してみたいなあ。なあんにも考えることなくただ流れる時間を悠久に過ごしてみたい。
ここまで花背峠から30分 以外とはやい。
北山XC 008

ここは陸地谷の出会い。ここから渡渉を繰り返して大見尾根に至る道は高校時代に歩いたなあ。懐かしい。

そして百井までも車道なんであっという間について百井峠を目指す。天ヶ岳へは登山道を行かず、車道を百井峠まで登りここから尾根道に入る。
北山XC 009

ここから再びシングルをアップダウンして見晴らし台に出る。ここは北山の中での1級の展望地だ。
北山XC 010

北山XC 011

この道は関電の鉄塔見張り道であったがいつの間にか天ヶ岳に行く道となっていた。
程なく頂上。
北山XC 013

山頂ではさすがに何人かのハイカーがいた。これを尻目にDHの用意をして(プロテクターを着けただけ)いざ!!!!!DHへ   ここは以前紹介した京都DH3部作の北山版。コースは1番長く楽しい。乗車率は90%くらい。結構手ごわい。度胸よりテクニックを要する。

ここを静原まで下る。いつもは薬王坂まで出るが今日は静原へショートカットする道へ入る。しかしすぐ間違いにきずいた。谷へ一直線!!!楽しい区間がない!!! もう使わない!!!

であっという間に居りついた。ここまで約4時間の楽しいXC&DHでした。あ~アドレナリンでまくりだった。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/152-90e064fc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。