スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと練習再会するまで回復しました・・・

2016年03月20日 23:51

●3月20日
1月中旬から何となく始められなかった練習・・・やっと再開しました。依然として体力はこの時期の最低ラインにまでも届いていないが、スタートを切らないと何も始まらないのだ。休んでいる間も色々なことがあって、しばらく自転車の事を頭から離していた。そして暖かくなってまた乗りたい!!って思うようになったら乗ればいいと思っていた。

気が付けばもう3月後半。例年なら山は行き倒してそろそろ長距離に入るところか・・・今から始めるなら・・・何も目標にするのか??
8月の鈴鹿?? 7月に乗鞍?? それともレースはやめてマイペースで乗る?? 

まあいいじゃないか・・・そんなに片意地張らなくても・・・とにかくじっとしていると体がムズムズしてくるようになったのだ・・・・

何を目標にするか?? は問わない。気持ちよく乗れる方向に向いていくのみ!!


ってことで今日は月ヶ瀬に行こうかと考えたのだが、練習再開って事を考えて近場の山を巡ることに・・・うってつけの場所は炭山周回コースだ!!  はっきり言って登りか下りしかないのだが、無性に行きたく
なった。

六地蔵から侵入する。最初の長坂峠が1番キツイ。20%以上が延々と続く。といってもたかが2.5㌔。34×25のフルギヤを使い慎重に回す。久しぶりの登り・・

IMG_5770.jpg
サドルの先端に座り、無駄のないペダリングを心掛ける。ゴルフ場分岐までは快調。時折ダンシングを混ぜる。しかしダンシングは長く続かない。腰がもたないのだ・・・しかし回転数さえ保持できるならシッティングでもダンシングでもツラいのは同じ。そうして1発目峠へ・・・
IMG_5771.jpg
脚より心拍の上がり過ぎが問題だな。

炭山に下って次の登りに向かう。ここは斜度がきつくないので、34×23で十分。ペースも落ちない。
IMG_5772.jpg
2発目頂上・・・心拍もそう上がらず通過・・・・西笠取へ向かう。

アクトパルの横から東笠取に向かう登りはやや斜度がある。山中の民家へ向かう激坂は瞬間25%を越える。34×25でジワジワ回すしかない。腰はピキピキするがまだ大丈夫。

IMG_5773.jpg
3発目 写真にある道から登ってきました。一旦東笠取に下って・・・

今回のコース中最強激坂!30%越が出現する。短いのが救いだ。
IMG_5774.jpg
4発目の頂上。今回1番アカン登りをフルギヤダンシングで乗り越えた。下って醍醐二ノ切町。ここが伏見区であることが信じられない。下れば滋賀県大津市石山なのに・・ 一旦下る。そして岩屋山へ・・・このコースで斜度距離とも最強クラス。初めからフルギヤで臨む。ゴルフ場を過ぎると20%以上が続く。回転数を維持できない・・・脚と腰がパンパンだが、何とか食い付く。奥宮神社別れから激坂で心も折れる・・・・ここは何が厳しいって 激坂直線があること。これは精神的にツラい・・・ここで蛇行を余儀なくされる。仕方ないか・・・
IMG_5775.jpg
5発目の頂上はお寺。ここで折り返す。

さくら峠という丘を越えて石山内畑町をへて宇治川ラインに出る。ここから曽束大橋まで唯一平坦か・・・
そしてここから笠取ゴルフセンター目指して登る。ここは最初がキツイ。集落で一旦平坦になるが、ゴルフ場まで激坂が再び現れる。でも20%もないのでまだ楽に上がれる。腰は痛いがダンシングにも少し慣れてきたかな・・・
IMG_5776.jpg
6発目の頂上。茶畑しかなかったはずだか・・・そしてここから一旦炭山に下る。炭山からは志津川方面に下る。下りでストッレチを入念にしておく。開放的は谷あいを下ると心も和む。

そして最後の登りか??喜撰山に向けて登ると・・いきなり激坂が現れる!! 20%越えのキツイ坂が続くとフルギヤで対応できる時間も少なくなるのだが・・・回転維持を心掛けてなんとか進む。ここも開放的な谷で少し精神的には楽かな・・・
IMG_5777.jpg
7発目の頂上・・・ダム湖のフェンスだ・・・

IMG_5778.jpg
こんな山の上に満々と水を湛えたダム湖があるなんて・・・

ここから尾根沿いに6発目の頂上まで進む。山のなかをぐるっと1周したかんじ。
6発目頂上から再度炭山に下って・・・もう脚腰は限界を越えそう・・・時間はたっぷりあるので、どこか平坦路をダウン変わりに行こうか思案するが、今日はここまでにしてもう一度長坂峠経由で帰ることにする。

とはいえ炭山から長坂に上がるのも結構な激坂。短いけどキツイ。当然フルギヤでジワジワ登って・・・
IMG_5781.jpg
8発目の頂上・・・本当によく走ったわ~~
六地蔵から来た道をゆっくり帰る。心地いい疲労感を抱えて結構やれるなあ・・・という実感の元に帰宅。

走っている最中は先の事なんか全く考えなかった。ただただ目の前の坂をどう攻略するか・・・どこでダンシングに切り替えて・・・時速9㌔という遅さながらケイデンス50~60でじっくり回せばまだまだ登れる。シッティングからダンシングに切り替えるタイミングを間違えなければ脚は持つ。しかし心拍はやっぱり日々ローラーで鍛えないと向上しないだろう。

さあこれから目的は保留にしてどれだけ楽しみながら自転車に乗れるのか?? 楽しみだ。


にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/1108-fdf066ef
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。