スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炎天下の美山

2015年07月21日 00:46

●7月20日

昨日にあれだけ熱中症の怖さを自分で指摘しながら・・・ 今日もかいっ!!!

学習能力ないなあ・・・

本当は炎天下を避けるべく午前4時出発を予定していた。そうすればこのコースなら午前11時には帰宅可能なのだ。
しかし前夜の夜更かしが祟り、無意識で2度寝をかましてしまった。単独走っていうこともあって油断したのかな・・・

起きれば5時59分・・・あかん・・・これでは7時スタートの2時帰宅・・・先週と同じや・・天気が曇ることを期待しつつ出発する。

外気は23℃・・ん~~~気持ちいいじゃないか。天候は快晴なんで昼には酷暑となろう・・・

鞍馬温泉まで1時間。ここで小休憩。今日も脚の状態は良くない。昨日の変な疲れもあるかもしれないし、ギヤは53×23やし・・まあ時間は気にせずゆっくりと行くのだ。美山練の目的はあくまで後半の平坦地。ここを疲れた脚でいかにトップスピードで走れるか・・・そのための峠越えなのだから・・・

・・・・で扶桑橋を越えてからも先日の大雨の爪痕があちこちに残っていた。道路自体がまだ水路状態のところ多し。じっくりシッティングで回し激坂のみ下ハンダンシング。このスタイルでジワジワ行く。

IMG_5394.jpg
 今回もここで息を整え30秒停止。ここまで蛇行はなし。ペースが遅いと脚は楽だが、重いギヤなんで心臓が辛い。ここからも蛇行はしなかったので先週よりは進歩??

IMG_5395.jpg
8時半の峠・・・誰も来ない 天気は最高。 気温24℃ 涼しい~~~
下りは登り以上に慎重に・・・かなり荒れている。大布施は通貨して広河原で休憩。

IMG_5396.jpg
スキー場前 なにもない・・自販機すらない・・誰も来ないから許せる。・・・・・・って思っていたら峠から集団が降りてくる。この時間に佐々里峠から降りてくるのだから、多分夜明けから走っているのかな?? 私もそうでありたかった。
ここの登りは最初の激坂区間を我慢すれば楽勝!! 53×21で十分。垂れることなくいいテンポで上がって行けた。

IMG_5397.jpg
ここにも数人のサイクリストがいた・・ 聞けば大阪を3時に出たのだとか・・・・ 尊敬しますっ!!!!
さて休憩もほとんどなしに下るのだが、先週のこともあるので落車に十分注意しながら低速で下る。

IMG_5400.jpg
北方稜線を遠望・・・あれを越えると福井県・・

IMG_5401.jpg
佐々里の集落・・・ここから道も安定するので平坦練習がてら飛ばし始める。気温25℃でここも涼しい。というか沢筋は冷たい風が吹いて非常に心地いいのだ。 それは花背を上がっている時から感じていた。雨あがりの特典かな・・・

IMG_5402.jpg
しかし美山の里手前から明らかに温度違っていた。アスファルトの照り返しが強烈でしかも強烈な向かい風・・・この状況は先週と全く同じ。今日も灼熱地獄に焼かれるのか・・・と思うと億劫になる。水をザブザブと被りながら体温上昇を避けて時速35㌔を維持。向かい風は想定済みなので何とも思わないが下ハン持つ指が痺れてくる。

IMG_5403.jpg
ここではサイクル教室みたいなものがあるのだろう。子供の集団と何回もすれ違う。環境的にはいいと思うが一時的なブームだけで終わらないことを祈る。
 最近「弱虫ペダル」の影響でロードレースに興味を持つ子供が増えていると聞く。しかし所詮は漫画のブーム的なもので連載が終わればあっという間にブームも収束することは目に見えている。サイクリングの楽しみは体感してわかるもので、決して漫画の世界ではわからない・・・いざ乗ってみてアレ??何これ?? って思わせない仕組みが必要かと・・美山での取り組みはそんな仕組みの一環なんだろうが、これが継続しないと意味がない。その為の取り組みがどれだけ進んでいるのだろうか??

まあ私見はいいとして・・・ここでも休憩は短め。すぐに日吉ダムを目指す。その途中一人のライダーに抜かれた。暑く辛いなかでの走行・・・これは恰好の目標ということで30メートルくらいの間隔で付く・・しかし神楽坂の上りで追いついてしまう・・・そして先頭交代・・ここからなぜか私が引くことになって、トンネル~ダムまでの数キロを頑張った。時速は35㌔くらいしか出ない向かい風が厳しく下ハン・21T使用でケイデンスを維持。鈴鹿の平坦を意識しての練習。そもそもこの練習がメインです!!脚も腰もキツイ!! しかし本番を想定して歯を食いしばる。
ダムまで2キロの看板で先週は垂れたが、今日は後ろもいる。そうそうは垂れていられないし~~ 頑張るところは 頑張るのだ・・

ダムで後ろの彼とは別れ、ここで小休止。
IMG_5404.jpg
さすが3連休。すごい人出!!  

さて練習はここまで・・後は灼熱地獄をどう乗り切るか・・・
IMG_5405.jpg
全く影はない・・・風はある・・そんなんいらんけど・・・   とにかく生命の危険を感じるこの区間。ボトル1本で乗り気れるか心配だ・・・ とにかくここは頑張らない。時速25㌔~30㌔と決めて淡々と回す。このスピードなら向かい風でも苦にはならない。

なんとか1時間でここを抜け亀岡からこれまた灼熱地獄の京都市内に入ると国道の温度計は36℃を指している。体温やん・・・

IMG_5406.jpg
桂川の橋を渡る・・・凄い増水していて川の色がエグイ。

なんとか今日も生還したが本当に灼熱の練習は無理がある。来週こそは午前4時の出発にしないと・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/1063-43e33157
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。