スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨のローラー練

2016年05月10日 23:28

●5月10日

日曜にかなりの強度で練習したが、筋肉痛より日焼けのほうがきつかった・・・こりゃめくれるかも・・・

帰宅が早かったので、リカバリー練のつもりが・・・

アップ 10分 52×21 ケイデンス60
ミドル  50分 52×21 ケイデンス75~80
ダウン 10分 52×21 ケイデンス50

ミドルはジワジワ上げて後半80に乗せた・・特に疲れもなく痛い箇所もない。リカバリーではないな・・・
いいのかな・・これで???


にほんブログ村
スポンサーサイト

北山アタック!!

2016年05月10日 23:28

●5月8日

本当に北山アタックであったと思う。
早朝6時前には出発。堀川を北上に北清掃工場を50×21で楽々上がる。いい感じだ・・・心拍もさほど大きく上がらない。鞍馬寺をゆっくり通過・・・温泉前で・・・・アレ???カメラ忘れた・・・しまった!1今日はいい天気なのに・・残念・・・

スタートはゆっくり・・・50×23でお約束の扶桑橋上まで・・心肺に余裕あり!  34×23にしてジワジワ行く。下ハンしか持たない。激坂は下ハンダンシング・・これで175まで心肺が上がれば一旦シッティングに戻す。これを繰り返していけば難なく百井別れに到着。誰もいない坂道・・・いつもなら写真休憩するがカメラを持ってないのでそのまま通過・・・イケるかな??

3つ目のヘヤピンカーブあたりから腰が痛くなるが・・・まあ我慢我慢・・・水飲みヘヤピンまでも全く垂れることなくきた。今季初だ・・・
ここでペースを落とすかな??と思ったが下ハンを持ち直してガツガツ踏み込む。あっさり峠へ・・・
下ハンを持って上半身を固定してひたすら脚の回転に集中すると、結構いける!! 無駄な動きを避けてロスを減らす。しかし腰の振り方は一定のリズムを持って走る。腰の振りが推進力につながるイメージを大事にしてテンポを守る・・・

いい感じだ・・・

峠では水を飲んだだけ。すぐに下って気持ちいいDHが待っている。早朝なので対向車もない。大胆にカーブを切っていく楽しさ!!たまらない!! 大布施でも休憩なし・・広河原も新緑にまみれ青々としている。誰もいないスキー場前で休憩・・・

入念に筋を伸ばしておく。佐々里峠の登りは最初が肝心。ここを34×21で乗り切れば後々がなんて楽なんだろう・・・と思うほど脚が回る。息も乱れず、ただひたすら淡々と回す。するとモーターバイクの大集団が降りてくる。その数100台近く・・・凄いわ・・・
よけるがしんどい・・・

そして峠へ・・・ここも無人かと思いきや・・登山客団体さんが群れている。仕方ない・・・GW最終やし・・・北方稜線を望みながらDH・・・平坦になってからも下ハンを持ち続ける。ポジションを微妙に変えながら気持ちいい場所を探す。
考えながら走っていると・・・あっという間に美山に到着。ここでも休憩・・・

いつも通りバイク見本市状態・・・こいつら・・・他には自転車集団もチラホラ・・・美山ロードに備えて試走だろう。走りのペースが全く違う。神楽坂に向かう緩斜面である集団に付く。結構飛ばしていて登りでも30㌔以上・・・しかし集団に付くと楽々楽・・・トンネルから下って、ダム方面も40㌔近いスピードを維持する。7人集団のローテに自然と混じってしまう・・・(すいません・・・)

こいつは何者??と思われながら・・「どうぞ前へ・・」なんて言われたら牽かなしゃーないし・・・ 大阪からきた実業団集団らしい・・どうもすんませんでした・・ダムで水分補給とトイレ休憩するために集団と別れる。彼らは能勢経由だとか・・・凄いな・・・でも羨ましいな・・・あんなまとまった集団初めて見たわ・・

ダムから亀岡を目指していつもの道を爆走。風が弱いので助かるが、その分暑い。影がないので焼かれるのだ・・・ここもひたすら下ハンで耐える。38㌔を下らないように50×16で回す。腰はポジションを微妙に変えて行くことで耐えられる。亀岡からR9号をチンタラ・・・渋滞が凄い!!GWの最終だから帰宅が増えるのだろうが・・・まだ12時だというのに何だこりゃ??状態。

しかし峠も50×21で耐えきる。回転力が落ちない。嬉しい。嬉しいから脚を余計に回す。嬉しい・・・ なんだこの良循環は??

こんな嬉しい練習ないわ~~ でもあくまで私一人の練習。これがまた集団での練習とななったら・・・付いていくだけで必死のツラい練習となるのだろう・・・しかし南の練習に参加するのはもっと体を絞ってからだ・・・今はもっともっと高回転で回す練習を続けたい。

しかし今日は有意義な1日となったな・・・
145㌔走って10分程度の休憩が4回・・・補給食は薄皮パン2個とソウジョイ1本 ドリンクはボトル1本とスポーツドリンク500ミリ1本・・・ようこんなんで走ったな・・・ なんかいつも攻撃的な走りをしていた・・・これが本当のアタックだろう・・・


にほんブログ村

GW最終日の美山周回で自信を取り戻す

2016年05月05日 23:50

●5月5日
天候が怪しかった・・・本当は4日に丹後1周を企てていたのだが・・・大雨と強風の予報で取りやめ・・今日の5日の美山周回に変更した。昨日は結果的にはお天気だったのだが、強風は凄まじくもし行ってれば風でやられていただろう・・・まあ丹後1周は後にとっておこう・・・

今日は単独なのでゆっくりスタート。この所の食べ過ぎでやや体重増加が気になる。この調子で花背峠はかなりキツイだろう・・・

いつもの所で休む。
IMG_5897.jpg
休憩していると次から次からと登ってくる。GWの好天を誰も逃さない・・・あたりまえか・・

IMG_5898.jpg
イザルコはボトルを赤に変更した。これでもかなりイメージが白から赤に変わるものだ・・・

さて50×23で扶桑橋の上までは順調にきた。ここで34×23にしてゆっくり回していく。今日は心拍計も装着してきた。
暫くはシッティングで進むが、激坂は下ハンダンシングで乗り切る。すると・・・

脚が回ります!! 先週のロングライドが効いたのか? それほど心肺も苦しくない。激坂手前で心拍は175 ダンシングを入れると182まで上がる。さすがにダンシングはワンポイントだけだな・・・・ 本当は170で抑えるべきなのだが・・・去年は170を超えると辛くて辛くて死にそうだったのが・・・

ちょっとだけ嬉しい!! そしてお約束の百井別れで1枚
IMG_5899.jpg
ここで一人にパスされた。非常に軽やかであっという間に見えなくなった。体も細く、いかにもクライマーだったな・・・私には無縁か・・・気を取り直して回す回す。腰に鈍痛はあるがストレッチしながら登る。今回も蛇行なしで登り切った!!

IMG_5900.jpg
先を急ぐので休みなしで下る。快適な下りで大布施を通過・・・・広河原に・・・・

IMG_5901.jpg
晴天の広河原・・・新緑が美しく本当に気持ちいい!!

佐々里の登りも最初の激坂を34×23で乗り切れば後は気持ちよく回せる。心肺に無理なくケイデンスも高めで維持できることが嬉しい。
IMG_5902.jpg
山桜?のトンネルが出迎え

IMG_5903.jpg
広河原から登る人はいないが、美山から登ってくる人多数・・・やっぱり美山は人気なのだ・・・

IMG_5904.jpg
向うから上がって来ました・・・

さてここからは慎重にDHして・・・佐々里集落を過ぎ向かい風の中を50×17~16で快適に回す。そしてここからは平坦路をすべて下ハンとする。先週もかなり下ハンを持っていたせいか今日は全く違和感なく持ち続けられる。いつもは10分位が限度であったが・・・この方が快適だったりする。
IMG_5906.jpg
快適な美山ロード・・・

IMG_5907.jpg
かやぶきの里も通過・・・

あっという間に美山に到着。まあ居るは居るはバイク集団。そして5月の美山ロードに備えて試走をする自転車集団。
IMG_5909.jpg
ジェラート売り場は長蛇の列・・・

ここも僅かの休憩にして神楽坂方面に向かうと・・・すれ違う自転車集団の多さにビックリ。みんな自転車の聖地を目指すのだな・・・ 神楽坂のトンネル内でサングラスを落とししかも自分で踏んでしまう・・・という失態を犯す。散々探して割れたサングラスをどうにか直して再出発。ここから日吉ダムまでは奇跡の追い風。トンネル内で抜かれた集団を追いかけてやろうと踏み込むが…相手3人で先頭交代しながら時速40㌔を維持しながら進む。たまに向風になるこのコンディションでは一人で追うのは無理か・・・
それでも時速38㌔あたりを維持しながらダムへ・・・

IMG_5910.jpg
ここも人でいっぱい・・・駐車場も満車やて・・・スポーツドリンクを一気に飲み干しまだまだ下ハンライドは続く。

亀岡を目指す農道は追い風となり50×15でも楽々回る。これだけ回ると本当に楽しい。なんな苦もなく亀岡に到着・・・そのまま9号線を駆け上がり一気に自宅まで帰ってきました。日吉ダムから自宅までノンストップ・・・これも追い風のおかげかな・・・

今回のライドでも少しだけ自信を取り戻せたような気がした。勿論追い風参考なので・・・いつもなら風にやられて面白くないライドが多いのだが、たまにこんなライドがあってもいいだろう。・・・と同時に回転力の維持がいつもより楽に継続できるようななった気がする(あくまで自分比であるが・・・)
こんな小さな自信の積み重ねでいいのだと思う。5月13日には鈴鹿参戦の決断をしなければいけない。今日はそこに向けた大きな1歩であったかな・・・

本日の走行距離 153㌔ アベ 25.6㌔


にほんブログ村


リカバリー練

2016年05月01日 17:50

●5月1日

昨日知人宅で遅くまで宴会をしていたので、今日は昼まで寝ていた。天気もいいのでリカバリー練でサイロを走る。

まだ疲労は除去できていないので、50×19~21で軽く回すのみ・・・であるが・・・今日も風がきつく、ままならない。南に向かうと向かい風・西に向いても向かい風・・・とほほ・・・

山城大橋までゆっくり流してR307を枚方方面にゆっくり登る。丘のようであるが、今の脚ではキツイのだ・・・・下って第二名神の側道をガンガン走る。津田北からは自転車も走行可能なんだろう・・・不可の標識がない・・

あっという間に八幡に戻ってまたゆっくりとサイロを戻ってきた。2時間ちょっとであるがリハビリにはちょうどいい距離だ・・・


にほんブログ村

台風直撃?の中敦賀・琵琶湖1周を完走

2016年05月01日 17:42

●4月29日

GW合宿第一弾!!! 鯖街道~敦賀~琵琶湖1周の超ロングライドに挑んだ。

先週の北山りドから脚の調子はいいと判断し敢行したのだが・・・・さながら台風直撃のような風の中を走り切った。
お相手はK君。彼はもう北山をガンガン走っているので、軽いものだろう・・・しかし私は200㌔オーバーはまだ1回しか走ってないので多少不安はあったのだが・・・

三条京阪を7時に出発。天気が怪しいが小雨程度であろうと判断して出発・・・大原から途中越えあたりは全然余裕で脚を回せる。50×23で十分・・・そして今日1番の登りとなる花折峠も34×19でクルクル回せばなんのこともない。ペースはややゆっくり目。ここらあたりから小雨になるが、気にせず突き進む。峠の気温が7度と低いことに驚く。さて・・・・ここを越えればあとは豪快なDHだ。しかし
向かい風はここから始まる。下りなんで気にしないが、結構強い北風だ・・・・途中で2グループぐらいを追い抜いていく。朽木まで2時間・・・いいペースで来たのだが・・・やはり天気が心配だ・・・

檜峠の登りで少し苦しむ。休憩した後の登りはしんどい・・・・しかし最後はインナーを使って脚のダメージを軽減させた。いつもならここはアウターでガンガン行くのだが、やっぱり今は無理か・・・水坂峠は旧道を勢いだけで上がる・・・福井県側に入ると天気は回復してきたが・・・・風が半端ない・・台風の中を走っているようだ!!これは大げさでない。下りだから進むものの、平坦では全く進まないかも・・・・下りなのに時速20㌔しかでない・・・しかも突風が巻いているようで前後左右からくるので怖くて仕方ない。車道側に振られたら御終いだ・・・上中町から田烏までの平坦区間も全くの向かい風・・・時速20㌔~25㌔でチマチマ進む。50×23で回して脚を温存する作戦・・・

三方で1回休憩後も変わらぬ向かい風に悩まされる。時折横風になったりするが・・・R27号で初めて海を見るが・・・
IMG_5892.jpg
IMG_5893.jpg
荒れてます。いつもの穏やかな日本海ではありません。なんせ風の音が空からゴーゴーと聞こえてくる・・・台風の中で走っているようなものだ。まっすぐ走るのが困難に思うことしばし・・・

敦賀市内でちょっと迷ってしまい時間をロスしたが・・・何とか8号線に出られ、山の中に入っていくと風は収まる。しかし坂は強くなる・・・
風か坂か・・・どっちがいいか???  どっちも嫌です!!!

近江塩津から琵琶湖側に出るとさすがにバイカ―を沢山見るが全部向かい側だ・・・長浜方面に向かう人影なし・・・ちょっと時間的に遅くなったかな???  そしてここから北風に悩まされる。時おり向かい風になったり、強烈な横風になったり・・・ まっすぐ走れない・・・・賤ヶ岳は峠を越える。
IMG_5894.jpg
IMG_5895.jpg
IMG_5896.jpg
日本海と違って穏やかだが・・・見た目と違ってここでも台風並みの風が吹き荒れている。

木之元で休憩後またひたすら風の中を走るのだが・・・スピードが上がらない・・もどかしい・・・50×21で脚に負担をかけないよう回すが当然スピードは25㌔くらい・・・・このままでは自宅に帰る頃は真っ暗かな・・・

彦根で休憩してから、安全策を取って車道ではなく歩道を走る。あまりにも突風のリスクが大き過ぎで怖い・・・そうすると時速25㌔がやっと・・・・そしてすれ違う人ばかりで湖東から大津方面に向かう人全くいない・・・なぜだ???

歩道を走るのでお尻への衝撃も半端なく・・・腰も痛む。しかし漕ぎ続けるしかないのだ・・・こうなるのは予想していたので、これは試練と思って回す回す回す回す。堅田に到着した時にホッとする。この風を嫌って湖西方面から帰ることにして琵琶湖大橋を渡る。最後のヒト登りか・・・GWで込み込みのR161を飛ばして、大津から山科を抜けて自宅に帰りついたのは午後6時・・・

この台風のなかをよく走ったものだ・・・正直今までのツーリングで1番強風だったと思う。とにかくまっすぐ走れない風というものは厄介だ・・・しかし完走できたことで自信もついた。まだまだ登りはダメであるが、平地での回転巡航には慣れてきた感じがする。ケイデンス90~100を維持して走る事を心掛けてきた。この悪条件のなかで維持できたことは大きい。

後はしっかり体のケアを行いたい。

今日の走行距離 260㌔  アベ24.8㌔



ルートラボでは距離が235㌔になっているが自信のサイコンとK君のサイコンでは260㌔になっていた。なんでかな??


にほんブログ村





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。