スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の京都北山ツーリング

2011年09月25日 14:48

●9月23日
 今日は軽い気持ちで北山ツーリングにでかけた。そして今日もお相手は同期のK君。彼も夏以降絶好調らしく、小浜までのツーリングを提案してくる。まあ先週もまずまずの感触だったんでとりあえず・・・・。

しかしコースが強烈!!なんと花背~佐々里~五波を越えて小浜に行くという究極のコース!!!

 花背峠まではお決まりのペース。彼はあっさり先行するが、百井別れくらいまでは背中が見えていた。シッティングとダンシングを繰り返し、結構いいペースで行くのだが・・・・先を考えてややTTみたいなペースは自重する。ヘヤピンカーブでも大回りせず最短コースを行く。そして峠へ・・・彼から約1分遅れで到着。彼が27分ペースと言っていたんで多分29分前半くらいか・・・・でも心が折れるようなことなく終始落ち着いて上がれた。多分過去一番楽にあがれたのではないだろうか・・・・
IMG_0585.jpg
今日の花背峠は12℃。大量の汗が冷たく感じる。しかもこれから長い下り。ウインドブレーカー持って来てない事を悔やむ・・・・しかし日が照っているので休憩がてら身体を乾かす。

超高速下りは一人なら慎重に行くが、二人なら安心してかなり飛ばした。大布施で再度休憩の後佐々里へ向かう。広河原手前あたりから北風が強くなる。向風になってキツイ!!! しかも横の川は濁流となっている??台風は12号より15号の方が雨がきつかったのか???先週はこんなゴーゴー流れてなかったし~  

峠へ最初の激坂を難無く越えて行く。彼としゃべりながらクルクル回転でいくとあっさり峠へ。
IMG_0586.jpg
先の3連休が台風で登れなかったのだろうか??登山客の車が行列をなしていた。バスまで来ている!!!季節的に登山はピークなのか!!

さてここからの下り。道は大荒れ・・・落ち葉・枝・小石・岩・・・・道のはさまざまなものが落ちている。かなり神経を使いながら下るのだが・・・やはり横の川は濁流となって渦巻いている???ついさっきまで大雨が降っていたのだろうか???道も濡れているし・・・スリップの危険性大!!!

やっと安全地帯まで下ってきて気付く・・・今日はサイクリストが全くいない!!!ここまで全く見ていない。まあ自宅を6時半に出てきたのだが・・・もう誰かと会ってもおかしくないのだが・・・
折角の3連休初日  こんないい天気なのに????何故???

さて美山に向かう途中の小さなカフェを目印に五波峠に向かう。と同時に道は荒れ放題!!!っていうか道が川になっている。そこかしこから水が湧き出し、何処を走っていいのやら??? まあ舗装はしているのだなんとか切り抜ける。ここは未知の道。地図では京都から小浜への最短ルートであるが、舗装されているかわからなかった。今回彼も同じ様に思っていたらしく、これは行くしかないっ!!! しかしこのまま小浜に抜けられないと引き返すことになるが・・・まあいいっさ!!!!!!

そして大荒れまくりのコースをひたすら登る。斜度はそんなきつくない。佐々里程度か・・・しかし距離は佐々里の倍はあるだろう。一気に上がると突然峠へ・・・

IMG_0587.jpg
IMG_0588.jpg
IMG_0589.jpg

ここの峠は初めてだが南面ってこともあって明るい。適度に伐採されていて花背峠のような暗さはない。そして対向車の心配の全くない。ただ開けているのだ遠い先が見えて精神的にツライ・・・

IMG_0590.jpg
でもしっとりしていて、数少ない元祖京都の北山って感じだ。

下りは日本海が見れるかな???って期待したが残念ながら見えず・・・そういうロケーションが大好きなのだが・・・

で、下りも大荒れまくりって言うか道が川の状態はこっちのほうが厳しい・・・一体どんだけ降ったのか??慎重に慎重を重ねて下ると横には茶色に濁りきった濁流・・・こんな濁流見たことない・・・怖くなってきて一刻も早くここを離れたかった。

家族休暇村??を過ぎてやっと落ち着いて走行できるようになった。相変わらず向かい風。ここから小浜まで忍の一字でローテを繰り返す。ここはいつ来ても向かい風やし・・・・

IMG_0591.jpg

あまりにも北風が強いので海に出るのは諦めて広域農道を爆走する。ここから一転して追い風になると・・・ラクチンラクチン!!!
IMG_0593.jpg
彼の後ろに入ると、漕がなくても28kで走れるのだから!!! そんなこんなで距離を伸ばして、気が付けば上中町まで来てしまった。今回のツーリングは休憩が少ない。大布施から上中町まで一気に来た。ここでコンビニ休憩して鯖街道で帰京することに・・・・

熊川の宿場までも高速ペースを崩さず、ローテーションを持続。いつまでこのペースで行くのか・・・・恐るべしK君・・・水坂峠は旧道を行く。ここも初めてのコース。
IMG_0594.jpg
全く問題なく通過。これからこっちを選ぼう。トンネルはトラック通過が怖すぎるし~。アウター×19でダンシングしながら筋肉の硬直をほぐしてしたら着いてしまった・・・って感じだった。

ここまで来て今回は脚に調子がいいって気付く。良く回るのだ。檜峠もベラベラしゃべりながらアウター×21程度で駆け抜ける。しかしこのあたりから急に天候が悪化・・・朽木をパスして先を急ぐ。花折に差し掛かる登りでも脚はガンガン回る。こんな好調は久し振りだろうか??? しかしさすがに京都までノンストップは彼も辛くなってきたらしく坊村で一旦短い休憩を入れる。
IMG_0592.jpg
広域農道を飛ばすK君 時速45?は出てます。

IMG_0595.jpg
坊村横の安曇川。濁流はここも同じ。朽木の河原にあるオートキャンプ場は満杯だった。あそこなんてこの川が増水すれば一巻の終わりやん・・・・しかも満員で川岸ギリギリまでテントが張ってあった。これから大雨は無いにしてもいくらなんでもアレでは危機管理無さ過ぎる!!! そんなのんきなことでいいのかい???って思ってしまうのは私だけ???

K君の脚も回復したようなんで先を急ぐ。後は花折の登りだけ。トンネルを3つ越えるとすぐに平の集落。ここからは一気に行く!!ダンシング1発で難無く通過するが、彼にはかなりきつかったようだ・・・そりゃそうだ今回北山の名だたる峠を3発も越えて小浜まで来たのだから、脚への負担も相当あってもおかしくない。私の場合はサイクリングハイの状態であろうか??全く身体に異常は無いのだが・・・しかしこういう後にハンガーノックは一気にやってくる!! 今までの経験からわかっている。だからここに来ても補給食は結構食べている。パワージェルの類は後半にガンガン取った。


花折の下りをMaX75?まで記録。爽快爽快!!!途中峠の登りも意地でアウター×23でフラフラダンシングで越えた。後は京都まで一気に下るだけ。

今回のツーリングは本当に強烈であった。しかし思ったほど脚、腰へのダメージはなくよかったよかった。9月中はなんだかんだ言って結構走れたのが好調をキープできたのだろう。やはり鈴鹿の後も乗り続けることが来期の身体作りに重要なんだろう。去年は全く乗っていなかったしなあ・・・・

さあこれからツーリングを楽しみまくるぞ!!!


今回の走行距離185.1㌔ 獲得標高2,379㍍

いいコースだったと思う。五波峠も制覇できたし!!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

久々に北山練!! 花背峠はキツイ!!

2011年09月19日 19:17

●9月19日

昨日のうまい餃子を喰いすぎてしまった。なんせうまいのだ。基本的に餃子は○将の餃子で育った私。他の餃子と比較する時は○将の餃子がまず基本となる。

大きさは○将より小ぶり。味はやや薄い。しかし専用タレが上手い!!。そしてレギュラー以外の餃子はしそとチーズ餃子が一押し!! 黒にんにくもいい!! 鳥のから揚げもよかったなあ~ ってなことで喰いすぎました。

今日は喰いすぎた腹を気にしつつ早朝から美山に向けて出発。まずは難関花背峠・・・・温泉からTT。前半はゆっくりで第一ペヤピンから少しだけペースを上げるのだが・・・お腹が重い!! ダンシングは軽快であるが、長い時間続かなくなっている・・・6月~7月はダンシングの距離が結構長く、これでペースを上げていたが・・・

今日はシッティングでペースを上げていた。途中小雨になって不安も増してくるのだが・・・3連休最後の不安定な天気の中なのだろうか?それとも早朝だからか?ローディーの姿は全く見ず。

百井別れからがキツイのだ。時速10㌔以下にならないように気をつけながらヘロヘロで峠へ。タイムは29分20秒・・・これ以上は今の私にはムリやな・・・ 後は体重を落とす事だろうか・・・どうも私は10%以上の勾配になると足が回らなくなる。乗車姿勢の問題?? 10%以下なら結構勢いでまわせるが・・・いかんな~

反省しきり・・で峠を下る。後は楽しくサイクリング気分で行く。佐々里峠もまったりと登る分には何の問題もない。激坂だけ38×25のダンシングで抜ける。後は38×21程度でクルクルまわす。天気は回復してきたような・・・気持ちよく進むと峠に到着。ここは車が溢れている。山ガール集団がこれから何処にいくのかな??小野村割岳方面かな??

ここから慎重に下る。結構道は荒れていたし~ そしてここも待ったりペースで美山まで。美山で小休止するも、自転車の姿見えず。大型バイクのみ集団が居た。さて天気も段々悪くなってきそうだ・・・帰宅を急ぐ。深見の登りで後ろからどこかの実業団??の5人パックが追いついてきたので、失礼ながら付かして貰う。やっぱり後ろは楽やな~  何処のチームなのか尋ねようとするのだが・・・あまりにもペースが速く、しゃべれません!!下りも激早ペース。心拍計見たらくだりで170も出ているやん!! そりゃあかんわ~  そして京北町で休みかな~って思いきやこれまた通過!! きっと彼らも早く帰りたいのだろうと勝手に想像しながら、付いていく。栗尾の登りで千切れそうになりながら根性で(なんの根性か知らんが・・)付いていく。

笠峠のトンネルも超高速走行で抜ける。これは名だたるチームなんやろうな~と感心しながら杉坂口で離脱。付くだけで一切会話もなく(彼らもチーム内の会話なし??)気持ちよくないだろうな~と反省!!どうも有り難うございました。 裏京見は車が多くペースは一気にダウン。いや!!  これでよかったのだ。市内に入って小雨がぱらつくなか早々に帰宅できました。



帰宅は12時過ぎ!!美山から2時間かかっていないぞ~   こんな早くに帰れるのか!!と発見。もうちょっと新しい発見しながら楽しく走りたかったが、まあ濡れずに帰宅できたのもよかったよかった。

後半は厳しかったが、目標レースのない9月の練習としては十分過ぎるのだ。もっといろいろな楽しみを味わいながらのライドでいいのだが・・・やっぱりしらない所へ行くほうが楽しさ倍増である。次回からは今まで行ったことのいルートを選んで行こうと思う!!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

うまい餃子

2011年09月18日 23:44

●9月19日

昨日見つけた餃子屋に行ってみました。昨日帰宅後に妻に話したら、今日の晩御飯はこれで決まりっ!!!ってことになってしまったのです。

場所は山科区大塚野溝町2-2  アドバンスフード


名神高速の京都東インターの少し南側 で恐らく抜け道となる山側なんで知っている人は地元も人だけではないだろうか・・・

IMG_0576.jpg
IMG_0577.jpg

なんせ1個からバラ売り可なんてあまり記憶にない。今日はレギュラー・しそ・黒にんにく・チーズ・キムチの各餃子+鳥の唐揚も買い込むでも1,000円以下であった。ここで食せないのが残念だが、自宅で焼くことで自分流の焼加減が試せるのもいいのではないだろうか??

冷凍物なんで帰りを急ぐ。初めて稲荷山トンネルを使いました。450円の価値はあるなあ~ 山科から竹田まで6分で帰ってこれた!!!

IMG_0578.jpg
IMG_0579.jpg
IMG_0580.jpg


次は友人集めて自宅で餃子パーティーしたいな~

炭山探索その2

2011年09月18日 16:30

●9月18日
これまた昨日の話。天気予報の裏切りによって起床後に呆然としてしまった・・・・しかし気を取り直して午後から出かけた。今日は岩間寺HCとその先の道を探索に行く。

 しかし宇治川ラインを走ると雨がポツポツ降り出す。まあ覚悟はしていたものの気分はサゲサゲ・・・
南郷から山に入る。途中道を間違ったりしながら、前回寄ったコンビニを発見。ここから岩間寺に向かう。

しかし!!!えらい激坂やん・・・

今日は法要があるらしく車が多い上に大型バスも下ってきた??
勾配は15%以上。時折20%越えも出てくる。なんとか蛇行せずにペダル力を込めるが・・・今日みたいな激坂1発目でこんな調子なら、炭山を周回してきた後ではとてもじゃないが上がれない・・・やはりコンパクトが必要だ。

そんなことを考えながら結構な土砂降りのなかを一人で上がる。ほんまにアホちゃうか~  ダンシングするとリヤがスリップするので慎重にペダリングする。距離はないが長坂峠よりキツイ斜度をヘロヘロで行く。傾斜が緩くなってやっと到着。ガードマンが数人いるので東笠取に抜ける舗装路があるか聞く。しかしそんな道はないとのこと。確かにヤフー地図には載っているのだが・・・・どうやら東海自然歩道みたいだ・・・ 許可をもらって別の舗装路を上がってみるがそれはNTTの電波塔への道であった。仕方なく下る。これまた雨中の激下りでビビリまくりだ・・・・

その途中奥宮神社への登り道を見つけ進入してみた・・・・



出ました!!!久々にみました多分30%越えの激坂。ダンシングではペダルの上死点を越えるのが困難になり、シッティングでひたすら耐えまくる。京都にもいやここは滋賀県か・・・こんな激坂がありました!!! ヘヤピンカーブ毎に勾配が緩むので休憩を繰り返し進む。大阪の暗峠もこないして登ったなあ・・・・最後の激坂はハンドルに胸をつけてなんとか進む。もう壁みたいになっている。しかも雨の一人旅。道もこの先あるのかわからない。不安がピークになる頃奥宮神社に到着。先を探索するもどうも道らしきものはなく山道が岩間寺方面にあるのみ・・・

ん~残念でした。結局岩間寺は何処にも抜けられません!!(自転車では)霧も出てきて雨もまたキツクなってきましてもうショックの三重奏ですな・・・そして今度は前転の恐怖に耐えながら下るのだが、雨でブレーキパットがすべります。ややもすると崖に突っ込みそうになりながらクネクネ道をノロノロと下ります。一体何をしてるのでしょう???




  

でもね・・・







なんか楽しいです。







なんの得も無いけど何かを一生懸命探すってのは結構面白いのです。

今日はこれまでにしてR1号経由で帰宅します。



収穫は無かったけど、モヤモヤは晴れそうな気分でなんだかウキウキ?した気分で戻ってきます。(変態か!!!)



帰り道。大津~山科~伏見への抜け道上になんとも怪しげな餃子の店を発見!!。大の餃子ファンの私が素通りするはずもなく。探索すると・・・・ここは生餃子の持ち帰り専門店。しかし変り種餃子満載で抹茶餃子・カレー餃子・チーズ餃子・ジャンボ餃子等等・・・・いいやん!!!しかも1ヶからバラ売りしてくれるし、何よりも関西では王様状態である餃子の○将より安い!!!! 今日デジカメを持ってきていないので絵がないのが残念でしかたないが、すぐにでも買いに行くぞ~


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

炭山周回コースを探索

2011年09月18日 02:04

●9月13日

少し前の記録になるが、この日は有給休暇。午前中に家の用事を済ませて、昼から探索へ

IMG_0565.jpg

長坂峠の入口。   相変わらず暑い!!今日もここで29℃か・・・・しかもこの日は登りまくりなんで、落ち着いたペースで行く。日曜とは全然違う感じでペダルが回る。シッティングでいけるところまで行く。結構いい感じでダンシングにスイッチ。峠まで垂れることなくパスできた。炭山から笠取へ抜ける。淡々とペースを刻みながら行くと案外すぐに登頂!!下りでこんな所を見つけた。

IMG_0566.jpg
IMG_0567.jpg
ラジコンって河川敷だけじゃないのね・・・・こんな山の中でも飛ばすのか・・・・

西笠取でゴージャス?な施設も発見!!

IMG_0568.jpg
IMG_0569.jpg
アクトパル宇治ってホテル?? 大きな天体望遠鏡もあったし。こんな山奥に作るような施設なんだろうか??交通の便が悪すぎやしないか???

さてここから東笠取に抜ける道は・・・・未知な道なんでありますが・・・結構なアップダウンがあってなんとか石山方面にまで抜けられます。

IMG_0571.jpg
IMG_0572.jpg
こんな一軒家があったりして・・・ここはどこっ??みたいな錯覚に陥る。

しかし知らない道を探索するのは本当に楽しい!!帰宅後に地図とにらめっこしながら、確認するのが楽しみだ。
IMG_0574.jpg

はるかに南郷の町と湖南アルプスが見えます。



IMG_0575.jpg
この山が岩間寺がある山らしい・・・・この日は時間切れでここからR1号線経由で帰宅する。三連休にはここも制覇したい・・・・     

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ウジウジしてても・・・・気分を代えて!!

2011年09月12日 23:12

●9月11日

 結局自ら答えを出すしかないのに、この1週間も凹みっぱなし・・・・もうそろそろ気分転換も必要やろう!!

土曜は妻と所用を済ませ、今日も何をするでもなくゆったりとすごす。こんだけダラダラと過ごしたら脚もさぞかしなまってしまうだろう。しかし勿体ないとは思わない。

吉野GFも中止となってしまった。台風12号で被災された方のこと想うと当然なのだが・・・復興する時までどれだけかかるかわからないが、微力ながら応援してます!!

人の応援もいいんやけど、そろそろ自分に渇!!を入れる時かな?? 

って事でまたバイクに乗りたくなって(単純やな~)ふらふらと南の方面に出かけました。

自宅~六地蔵~石田~長坂峠~炭山

長坂峠ってこないだ初めて醍醐側から上って撃沈した急坂。なんでこんな坂にきたのかは判らないが、本当に強烈。
IMG_0555.jpg
この辺からぐんぐん勾配が上がる。距離は短い。せいぜい2キロ位。でも・・・・・

IMG_0562.jpg
IMG_0561.jpg
IMG_0560.jpg
ゴルフ場への分岐まで全く脚を休める所がありません。38×25でもギヤが足りません。ダンシングして倒れそうになります。でも皮肉なもんで、こんなに悩んで脚を使わなかった2週間後なのに、身体は軽く結構ガンガン上がれます。本当に皮肉やね~。これが鈴鹿前ならよかったのに・・・・・

IMG_0558.jpg

分岐を超えても激坂は続く・・・・


IMG_0556.jpg
これは炭山への下りかな・・・

炭山って一体ここは?? 炭焼きの桃源郷?? ここが伏見区??と思うくらいの不思議なところだ・・・

今日はここで引き返す。また激坂を下って帰る。帰りは六地蔵ゴルフを超えて伏見へ戻ってくる。

帰ってきたときの爽快感!!! 脚も良く回ったし、色々な発見があったりして・・・柳谷観音と同じ位の時間でこんなヘビーなコースが取れるなんて思いもしなかった。くよくよ考えてないで身体を動かすことがいいのでしょうか?? レースも終わって目標が無くなってからやっとバイクに乗ることが楽しくなるなんて、なんと皮肉なもんでしょう・・・・              今日は本当に楽しかったな~

これでちょっと吹っ切れたかな~???


このあたりを使ったこんなコースを考えて見ました。



伏見区と宇治市で獲得標高1400メートルオーバーのコースを取れるなんて・・・・私はクライマーじゃないけどなんか嬉しいのだ。今度早速行ってみよう!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

どうも・・空しさが治まりません

2011年09月10日 00:42

●9月9日

 どうも鈴鹿の結果に満足しない私は、鈴鹿以降に凹みまくっています。何故って????

それは落車です。

今回の鈴鹿では私自身は落車に遭遇しなかった。絶えず集団の前にいたからかも知れないが・・・しかし今年ほど私の周りで落車があった年はない。ブログ仲間や前にいたチーム員、南の練習で顔見知りの人、北の練習会で知り合いの人・・・・なんでこうも多いのか?? 極めつけは知り合いではないのだが、ピットにいた隣の陣地にいた人・・・彼は今日の日が新車の披露であったらしく、周りから絶えず羨望の眼差しで見られていた。はたで見ていて彼もたいそう嬉しそうであった。バイクはピナレロドグマ+ライトウエイトオーバーマイヤー+スーパーレコード=150万円はくだらない!!    と思うのだが・・・・・

彼がピットに帰還したときはボロボロのジャージにこれまたボロボロのバイク!! なんでも前方落車を避けきれず、突っ込んだらしい。しかし見事に粉砕したホイールに周り一同言葉もなく立ち尽くしていた・・・確かに今日が新車披露であった。鎖骨骨折だろうか包帯で腕を吊っていた彼はやけにテンションが高かったが・・・その後の落胆は想像に絶する。

 また前のチーム員は出走前に元気な顔を見せていたのだが・・・後で聞いた話ではやはり前方落車に突っ込んで骨盤骨折!! 三重県内の病院に入院するハメに・・・今後彼の復活を祈るだけだが・・・

こんな状況で周りは落車だらけであった。しかし原因はというと彼らにはほとんど無いわけで、ただただウンが悪かったのか??
私はウンがよかったのか?? いつ巻き込まれてもおかしくないような状況では安心してレースに出られない!!

ウン十万もするバイクを落車のリスクを冒してまで参加すべきなのか??それなら練習用のバイクで参加しても言いやん!! いやいやロードバイクだけでローラー台用・練習用・決戦用と3台も使い分けているにのにやっぱりレースには自慢のバイクで出たい!! じゃあ 落車のリスクがないヒルクライムなんかでりゃいいやん!! 残念ながらそんな脚は持ち合わせてない!! 私の脚質はスプリント型!! 一体どうしたらいいのか・・・・矛盾のスパイラスに陥っている・・・

これが仕事にも同じようなことが・・・・

私の仕事は・・・サービス業であるが最近の風潮は顧客満足の一点に向いている。すなわちこちらに否がなくても、文句を言われたらそれでお終い・・・顧客満足のためならこれまた世間の常識からかけ離れたことでもお構いなしに突き進む。それが会社を上げて一丸となっている。それが絆であると・・・

なんか違うと思う。ウンが悪く悪意を持った顧客に遭遇しても表面的には法が・会社が守ることになっているが、実際は誰も守ってくれない。自分の身は自分で守る。勉強するのは顧客のためではなく、まず自分が理論武装するため!!地雷を踏んだらウンが悪かったと諦める・・・・だから同じ職場の人間がだんだん信じられなくなる。こんなはずじゃないのに!!!  この仕事で人間不信になるよって昔から良く聞いていたが・・・実際そうなのかも・・・



趣味と仕事は違うのだが、なんか同じような境遇のような気がして二重に気が滅入ってしまうのだ・・・思わず愚痴ってしまった・・・・

どうなんだろうか??どうしたらいいのか?? 本当に空しいぞ~




現実を前にして復活への答えはわかっているのだが、今は認めたくないなあ・・・・なにか良いきっかけはないものかな??

鈴鹿の反省をじっくりと検証する その一

2011年09月05日 23:32

●9月5日

この土日は台風12号のためゆっくりと休養・・・・いやこの鈍足台風のために被災された方には心からお悔やみを申し上げるところです。

この間に何故このような結果になったのかじっくりと考えて検証した。

?鈴鹿への参加種目

今回は土日ともサイクルマラソン
1日1種目っていうのは40台では当然!! ただしサイクルマラソンを選んだことについては後述するとして、これは正解であったと思う。上位を目指すなら体力は温存すべき。

?場所取り

今回もピット下。雨風が防げて、比較的風もあり涼しい。集合場所にも近くて申し分なし。ただし土曜午前3時~4時に並ぶ手間は・・・・・

?宿泊場所

今回はホテル泊。これは画期的であった。従来の鈴鹿といえば駐車場でバーベキュー&野宿で花火も見られる楽しいもの?だった。いわゆる大騒ぎの宴会状態。要するにお祭りである。走ることより飲むこと!喰うこと!騒ぐこと!が目的の修学旅行みたいなものであった。私はこれではいかんと思って一抜けしたのだが・・・・あの頃にはホテル泊なんて発想は無かったし~
体調を保つにはもってこいだ。何より温泉に浸かって疲れを癒し、肉でない食事を取って、涼しいところで十分な睡眠を取る。これが日曜に復活する秘訣だろう。オヤジになったということか・・・・

ここまではよかった。当日のプランになんら落ち度は無かった!!しかしこの惨敗??やはり練習内容か・・・


?体重

はっきり言って減量には失敗した。去年の鈴鹿は63?で挑んだのだが、今年は65~66?この差は大きい。モチベーションにもかかわる。ここに大きな不調の原因があるのかも・・・・

?練習量

これが全て。何故か今年は気持ちが入らなかった。なんか焦りばっかリで計画通りにいかず。特に思うのは春にグランフォンドが無かったんで、200~300?のライドが無かった。これかな??スタミナ切れで1時間後のスパートがかけられなかった。7月~8月の新堀クリテやローラー台も1時間以上乗ってない。ローラー台は暑さ対策をたてないと1時間はムリやし・・・ このことはおおいに反省すべき。

?練習内容

これも全くダメであった。折角ローラー台があるのにインターバル練が全く出来ていない。鈴鹿でペースを上げ下げは出来るものの、一人でアタックすることは出来なかった・・・・・
山もダメ。平地もダメ。スプリントもダメ。一体どーするの???  的な壊滅的状態だ。
冬~春の走り込みも出来ていなかった~。去年のおごりがあったのだろうな~

?バイク

機材に不満は全くない。今年はスプロケに18Tを導入!!またレーシングゼロのセラミックベアリング化もした。転がり抵抗が減少したホイールに不満はないが・・・・周りはカーボンホイールばかりであったのが目立った。やっぱり高速巡行レースはハイトが高いカーボンホイールが主流。これは否めないが・・・・ まあ機材に反省点はない。

?気合い

どうも鈴鹿前から気持ち的に下がっていた。ストレスのたまりまくりもあるのだろう。なんか空しさがこみ上げることが多かった。さあ行くぞ~っ!!!って感じではなかった。1年間頑張ってきた割には最後の最後で急降下した感じやな~この辺も今回の結果の大きな要因だと思う。


以上?~?の原因が絡んだ結果は結果。受け止めるしかない。





しかし!!!


空しいのだ・・・・今年ほど落車が多かった年はない。今こんなに凹んだ気持ちになっているのは・・・この次にアップします。
とにかく反省点を洗い出し、これを記録することで来年に活かせたらいいと思う。レースを続けるのなら・・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

23年8月シマノ鈴鹿にて・・・

2011年09月03日 15:25

●9月3日
 鈴鹿終了後、仕事が激烈に忙しく、また精神的にも追い詰められることが継続しアップどころではなかった・・・本当につらい1週間であった。いっそうのこと転職も頭によぎるほどの劣悪な職場環境に閉口というか絶望状態に・・・・・・・・まあそれはさておいて



今年の鈴鹿も終わりました・・・・結果はといと・・・











惨敗!!!でした


何が惨敗って??   土日両方ともの1時間サイクルマラソンで高みを狙ったものの、両日ともゴール手前で脚が攣る・前にハスるなどで大失速。いわゆるバックアタックって奴ですな。もう失望ですわ・・・・


とりあえず後日のためにリポート。

●8月26日金曜は午後11時に出発。下道で順調に2時間半で到着。いい位置に車を停めてゲート前に並ぶ。ジッとしていると風があってやや寒い。午前3時くらいまで横になってウトウト・・・4時の開門ダッシュでピットしたに陣を張る。
IMG_0552.jpg

たった一人でこんな広い敷地を確保! なんか悪い気もしたが早朝から並んだ努力の結果なんで気にしないことに。しばし仮眠のあと受付、身支度、試走、アップ、などの準備をこなしていざ!!出陣!!!!

天気は曇りで暑すぎず、いいコンディション。サイクルマラソンはゼッケンに関係なく早い者順に並ぶので早めに召集場所に行く。ここで三重の星 ブログ仲間のディアブロ君と会う。彼はフラットバーで参戦。先頭集団に喰らい付いてくれば当然優勝も狙える。彼の練習量からしてそれも可能と思っていた。

コース上に出ると今回は900人参加とのこと!!凄すぎ!!  スタート後はきっちり集団20番内で推移。前半はかなりスピードの上げ下げがあった。特に奈良県のチームが積極的に飛び出すが、やがて集団に飲み込まれる。今日は海側からの風が結構強い。だからデグナー以降で単独はありえない。そういう経験値から守りに入っていた。脚の状態は厳しいが最終周まではこんな感じで先頭集団にいた。特に落車も回りでなかった。その代わり声が涸れるまで張り上げていた。ラインを守れ!!焦るな!!集団減速!!デグナー!!左コーナー!!などなど・・・・

後半は私も積極的にペースを上げ下げして集団減らしに勤しんだ。いつものことであるが、マウンテンポイントでガッツリペースを上げてやると集団は1列棒状に。ここは軽いギヤで高回転にしてアウト側から上がれば何てことないのに内側を重いギヤでダンシングする奴には絶対近寄ってはいけないのだ!!
最終周はややペースが上がり下りに入るのだが、デグナーの次の緩い左コーナーでインを急ぐ奴が無理くり抜こうとしてはすってきやがった!! ここで急ブレーキ・・・・集団は前に行ってしまう。下りも一人で追いかけるが1コーナーまでに脚を使い、追いついても次のアタックが出来なかった。結局集団の後ろでゴール・・・なんとも締まらないレースだった・・・

レース終了後しばらく身体を休める。入念なストレッチで乳酸の除去を図る。今回は土曜にホテルを取った。今までにない試みである。そのホテルは午後4時以降にチェックインであったのでここでしばらく仮眠する。ピットのなかは快適快適!!風が通るので涼しい!! 午後3時には撤収をはじめホテルへ向かう。近くのスーパーで買い物ををしてホテルの大浴場で疲れを癒す。かつてこんな快適な鈴鹿があっただろうか!!!エアコンのきいた部屋で夕食を取り、早々に就寝。明日に備える。

●8月28日
午前3時半に起床。ヨーグルトを食しすぐに出発。4時の開門前に駐車場に。土曜と違い場所取りもないので並んでいたのは数人。またピットしたでしばらく仮眠。

脚の状態はそんなに悪くなく、朝食・試走・アップを淡々と進める。
今日は無風状態だが暑い!!  昨日同様早目に召集場所に行って場所を確保 スタートに備える。

さてスタートの号砲後今日はまったりと進む。時折ペースが上がるが全く気にならない状態。無風なんで誰かが飛び出すと思っていたら案の常 グレージャージが飛び出していった。のってやろうかとも思ったが残念ながらその脚もなく集団内に留まる。今日も昨日と同じ集団コントロールだけはしておかないと、飛び出す奴が出るのできっちりと目を光らす。 それ以降はアタックもないものの、彼とはジリジリと差が開く。残り15分で48秒差。これは詰まらない。残念ながらこれからは2位狙いに切り替える。

 しかし今日は暑い!!ボトルが残り10分で無くなった。まあスプリントの邪魔なんでいいかと思っていた。
最終周はまったりしすぎ!!折角削った集団が大きく膨れる。しかしデグナーの次の左コーナーを慎重に抜けた瞬間前に押し出されてしまったような感じになった。しまった!!!と思っても遅い。こうなりゃ後ろに下がらず、行くだけ!!S字に下りも2番手で下る。これってもしかしたら美味しい瞬間なのか!!! 前に逃げていた奴も見える!!! 美味しいやん!!!



今まで頑張って練習してきたご褒美かいな!!!と思って1コーナーをたちあがる。これほど気持ちいい思いをしたことがない!! 1コーナーを先頭で抜けるなんて!!! 



で・・・一気にダンシングしたのが運のツキだったのでしょうか・・・・両足の膝が一気に攣ってしまった・・・・う~ん 疲労した脚に急激に負荷をかけたらそうなるわな・・・・後はスパートしていく集団を見送って流しでゴール・・・・・ なんと情けないことか・・・・・攣りながらでも死ぬ気でもがこうかとも思ったのやけど、不安定なペダリングで集団スプリントに入る危険性を思うと・・・瞬間的に判断して止めてしまった・・・

終わった・・・・・一体1年間何をしてきたのだろう??? こんな事態を招かないために色々工夫してきたのではなっかたのか??? 今日の後悔より1年間の後悔のほうが大きかった・・・

結局両日とも30位以下に沈んでしまった・・・・・色々反省・後悔・思うことは多い今年の鈴鹿であったが・・・・なんともいえない後味を残してそそくさと撤収する。

3時間かけて下道で帰宅。疲労感がどっとあふれ出す・・・


最後に今年も鈴鹿までに色々とサポートしてくれた妻に感謝します。また練習に付き合ってくれたK君や昔のチーム員、色々と励ましあってきたブログ仲間にも並々ならぬ感謝の意を述べたいと思います。

1年間有り難うございました!!



結果はどうであれ無事走れました!!!



反省や分析による検証はこと後じっくりとしていきたいと思います。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブログ村に参加してます。よろしければ ↑ ポチッとお願いします。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。