スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北山の峠合宿&花見ライド

2011年04月30日 01:38

●4月29日
 激多忙週間も終わりやっとG.Wに突入!!!  はいいのだがいきなり同期のK君から峠を越えて美山へ行く事に・・・・・

 29日の早朝 世間もG.Wになり初日はまずまずの天気。我が家のマンションも出国ラッシュになっており、みな一様に玄関前に停めた車に大量の荷物を積み込んでいる。まるで荷物運び競争。

さて赤マドンで出発するも、京都駅近辺でいきなりパンク・・・・ついてないぞ~

しばしの遅れをお詫びしいざ!!出発。

・・・で花背峠は今期初めてのアタック・・・ゆっくり上がっていくしかないが、やはり厳しい。百井別れあたりからペースはガタ落ち・・・去年の夏はK君の背中を見ながらでも上がれたが、今日は全く付いていけず・・・
彼は27分台で着いたそうな。思いっきりクライマーやがな!!

私はというとなんとか33分で到着。厳しいところはダンシングでこなす。腰の調子は大丈夫そう。シッティングの回転には難がある。マドンやから出せたこのタイム。まだまだやな~ もう少し体重を落とせば30分くらいで行けるかも。

IMG_0273.jpg
頂上ではブログをよく拝見している人がいた。彼は単独では佐々里峠には行かないそうな・・・何があるか分からんし~しかもバスも鉄道もないし~ たしかにそうやな・・

下りは激さぶ。広河原では満開の桜を期待していたが・・・・桜全く咲いてない???なんで??
IMG_0273.jpg
IMG_0275.jpg
確かこのあたりは桜並木のはず????
佐々里峠は厳しいのは序盤だけ。あとは回転で楽勝に上がれる。頂上付近で山桜がチラホラ・・・
IMG_0276.jpg
IMG_0277.jpg
しばしの休憩後下る。下り道はかなり荒れており、慎重に下らないと落車しそう・・・

後は向かい風の中 美山に向けてダラダラ下る。
IMG_0278.jpg
途中にこんな残雪が・・・・残ってるもんやな~ 今年いかに大雪であったかよく分かる・・・

IMG_0279.jpg
いつもの風景。他府県からのバイク集団が大挙してくる所。

美山道の駅で小休止。雲行きが怪しく、大野ダム方面は諦めてR162を周山方面に上る。ここもダラダラの登りであるが、アウターのみ使用で切り抜けられる。そしてサンダイコーへは行かず、井戸峠から裏芹生に行くことに。まさに峠合宿に相応しいコース。

井戸峠の登りは序盤は緩斜面で後半はかなり厳しい。インナー×23でなんとか・・・後半のダンシングもかなり太腿に来ている・・ヤバイなあ
下りたところは常照皇寺。御車返しの左近の桜 九重桜が見たいが山門も枝垂れ桜で我慢しよう。
IMG_0280.jpg
IMG_0281.jpg
円山公園の桜とはチト違った趣かな??

ここから少し行くと黒田の百年桜ってのがあった。
IMG_0282.jpg
ここも丁度満開。普段はひっそりとしているのに今日は相当の人手があった。
彼とは海津大崎の桜が見に行けなかったので、ここらでいい花見(って通過しただけやけど・・・)ができたわ。

裏芹生に入るあたりで小雨が降る。北山名物 北山時雨か??30分程度避難していい休憩になった。さあ最後登りはそんな厳しくもないが、彼のペースで上がると私は厳しい・・・・離されないよう必死についていく。ダラダラな登りの後に神秘的な源流地帯が・・・あれっ???だいぶ人の手が入っているなあ~ここは北山の峠のなかで唯一源流部を感じられるところやったのに~
IMG_0283.jpg
IMG_0284.jpg
今日は比叡山が確認できず!!!

激下りは道の状態が強烈に悪く、腰にきました・・・おいおい!!登りではなくて下りかよ??あまりの激坂下りと振動で腰が痛いのなんの・・・

人ごみの貴船を越えて朝通過した道を下る。市内はさすがに渋滞の嵐!!ごった返していた。


獲得標高は2000メートルを越えた。3日に予定している大峰周回は3,000メートルオーバー。道もすこぶる悪いらしい。私の体 大丈夫かな???
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最高心拍数の計測

2011年04月26日 23:47

●4月24日
朝から雨・・・・練習に行く気にもなれず、バイクを磨いていた・・・昼から回復するかな?って思っていたが、なんと豪雨・・・一体どうなっているねん?? これではいつになったらと思いながら、フルクラムレーシングゼロのフレ取りに挑戦。レーシングゼロはスポークが薄いアルミでできているので、締め付けは禁物。専用工具を使いながら少しずつ緩める方向に回していくと・・・・若干はフレが取れたようだ。

夕方になってやっと雨もやんで外は薄日が差してきたんで、とりあえずマドンで観音参りへ行く。
いつもながらマドンに久々に乗ると感動する。

とにかく進むのだ!!!

1回の漕ぎで進む距離が全く違うような気がするのだ。これで気をよくして柳谷を登ると・・・・ダンシングも超軽いのだ!!! 激坂には違いないが、疲労感が違う。っていうか脚はよく回っているからか?中間までもいつもと違う感じでサクサク上がる。

さて最大心拍の計測は本来ジワジワと上げて最後にオールアウトまで持っていくのだが、時間も時間で今日は観音上までしかいけない。観音前の激坂で思いっきりもがいてみた。過去にこんな登り方はしたことないが・・・・マドンだからできたのだろうか?? 頂上の手前で185。そこからのもがきで188まで上がった。

 これが限界かな?? 脚にはまで余裕があったが、心臓が限界にきて息を吸うのも絶え絶え・・・坂の練習を積めば190に行くかな??いやトレーニングを積めば同じ出力なら心拍は下がるはずだから、やっぱりこれが限界かな~
まあ年齢から算出すると220-年齢=175  う~ん プラス13かあ・・・まあとにかくこれを基準としよう!!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

今週は完全休養・・・・

2011年04月23日 18:31

●4月23日
 結局今週は全くバイクにまたがることなく完全休養となった。仕事もハードになってきたこともあるが、やはり先週のツーリングで全くいい所がなく撃沈してしまったことの影響は否めない。身体的、精神的に落ち込んでしまった・・・・

 あの腰の痛さはたまらんかった・・・あんな激痛にまた襲われたら・・・・どうしようという恐怖感から抜け切れない・・・しばらくは200㌔以上のツーリングは中止ってことで様子を見ながらボチボチと行くしかない・・・

6月にあるはずの長距離GFがなくなってしまって、今は全く目標のない状態。なんかずるずるとただただ乗っているだけ!!って状態はよくないなあ~ なんかイマイチピリッとしない。いっそのこと6月頃に短距離のレース(クリテリウムやろな)にでもエントリーしてみようかな・・・・


前回の撃沈ツーリングで反省したこと  ハンガーノック対策  これに尽きる。いくら練習といっても補給のことも真剣に考えなあかん!!

いままではボトルには水しか入れてなかったが、エネルギードリンク必要ですな!! 
CCD


やっぱりドリンクはCCDが最強やろう。ポカリやゲーターレード程度ではあまり意味ないし、CCDをロングボトルに1本、なくなれば途中で粉末を水で溶いて作るくらいのことをしなければ、ハンガーノックを避けきれないのではないか??  またほかには
クークデフォート
最終兵器と言われるクープデフォート!!
プロも利用しているらしい。このようなゲル状のもの+高カロリー固形物を持参していく工夫が必要であろう。まあ100㌔~150㌔はなんとでもなりそうだが、200㌔オーバーはまた別物と考える必要があるな。これは痛く痛感しました。
 そういえば去年も同じ失敗をよくしていた。300㌔の練習時やGF福井の時もそうであった。気が付いたときにはすでに遅いのだ。最初の100㌔でいかに食べるかが非常に大事であったはず。背中のポケットには入らないので、コンビニ休憩の時に補給するか、そうでなければそれ用のウエストバックなんかを持って行かなければ・・・・
キャメルバックなんかはどうなのかな~ 重いかな?? 1度購入してみる価値はありそうやな・・

 さあ今日も1日休養したんで明日はマドン出動させようかな!! 天気もきっと回復するはず!! 花背+佐々里くらいにしといたろか・・・  (きっと撃沈・・・・)

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

風にやられたツーリング・・・2回目

2011年04月17日 15:05

●4月16日
昨日は宴会であった・・・少々食べすぎたかな??と思っていたがK君のお誘いで今日は明石方面に行く。
去年このコースは経験がある。去年も延々と向かい風にやられヘロヘロになって帰ってきた記憶があるににもかかわらず・・・・

天気も天気で曇天のはっきりしない天気。北方面はダメなんで西にコースを取ることに・・・何よりもK君の希望とあっては・・・まあ平坦やしいいか・・・と安直に決定。


今日は天気が不安でデジカメなし。
R171を順調に西進する。神戸を越えるとお決まりの西風が吹き出す。ここより向風との戦い開始だ!!!

途中で何人かローディーを抜かすたびにK君のペースが上がる。30?以上には上げないようにって言っても今日は平坦やから大丈夫と言い張る。う~ん彼とは体の出来具合が違うのだが・・・・

須磨~舞子~明石と景色にいい区間は楽しかったが・・・・明石から北上に滝の社を目指すと強烈な北風が・・・
でました!!!ここから30?は時速25~20が精一杯。先頭交代してもあまり負荷が変わらん・・・

しかもR175は遮蔽物なしのストレート道。アップダウンばっかりで精神的に滅入る。R372に入るとますますアップダウンは厳しくなり向かい風も絶好調になる。このあたりからなんか腰に違和感があった。

ひーひー言ってもなんとかパスしてやっと篠山に出たときに腰が悲鳴をあげた・・・

電気風呂に急に入ったような・・・・衝撃!!

40年以上自転車に乗っていて(一体何歳じゃ?)初めての感覚。どんなツライ練習でも経験したことないような痛みに襲われる・・・いかん!!!いかんやないか!! こんなところで!!! しばし立ち止まり様子を見る。K君には先に行ってもらうように依頼するも、ここまできたんやから同行するって言い張る。しばし痛みに耐えながら、篠山から輪行した場合とかを想定しつつ、時速15?くらいでノロノロ進んで見る。

冷や汗と油汗が混じるような苦痛に耐えながら必死になってペダリングできるポジションを探す。するといつもローラー練しているポジションが1番ましであることを発見!!

なんだ・・・いつものポジションを維持できていなかっただけなのか・・・でもこの激痛???

冷静に考えると完全にハンガーノック状態。その上向かい風によるポジションがバラバラで頑張り続けた・・・
K君がいるので安心してペースを上げた・・・ そのような要因が一気に腰に来たんだな!!! って私は医者ではないので経験値だけの処方ですが・・・

篠山からはそんな坂もないので痛くないポジションで恐る恐るペースを上げる。篠山で14時過ぎ。こんなところで時間を掛けると京都に帰着できない!!! 焦りもあったがなんとかペースも上がってきた。
R173との交差点を越えると一安心。ここからは勝手知ったる道。亀岡まで30?程度。安心と同時にペースも上がり、登りもダンシングなら腰にあまり負担がかからないようだ。

なんとか湯の花、亀岡を越えて京都に帰り着いた。トータル1時間のロスであったが、K君は後半献身的に前を引いてくれて非常に助かった・・・ よかった・・・ 彼に感謝して帰宅。すぐに腰のストレッチをしてほぐす。

それにしても恐るべき向かい風。2年連続撃沈か~ きっと来年はリベンジしてやる!!!


距離は219㌔  途中に向かい風で20キロくらいになったり、腰痛で15㌔くらいのノロノロになったりしたが、アベは25.6キロであった。神戸まではアベ35㌔くらいか・・・早すぎる!!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

追い込みすぎ???

2011年04月17日 14:06

●4月15日
 最近 トレーニングは順調にこなせている・・・・と思っていた。今週はアップできていなかったが、月、火、木といずれも通常メニューをこなしていた。しかし木曜あたりになるとキツクてキツクて途中で1回休憩を入れなければならない状態。そして練習終了後もかなりの疲れが・・・・

今週に限ったことなんであまり気にはしてませんでした。

でも練習時の最大心拍は155 私の最大心拍195 で79%メディア 30分  としていたが・・・・

実は最大心拍は数年前に測定したもの。しかも今年はだいぶ練習に遅れがある状態。今の最大心拍はひょっとしたら180くらいかもしれない・・・

すると86%のソリアで30分ぶっ通し回していたことになる。通常ソリアって3分×5本とか 登りでも15分までとかなのに・・・・

あきらかにあきらかに オーバワーク!!!やないか・・・・

早急に最大心拍の測定にいかないと・・・いつもは観音上 ベニーから下った川久保~ベニー間で測定している

川久保で20分休憩した後に測定している。ここに行くまでに1回180くらいになっているので・・・・

いつにいこうかな???
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

昼から軽めの練習に・・・

2011年04月10日 00:27

●4月9日
午前中は雨。昼から軽めの練習に出かける。もう練習って言うよりも花見ライドやな。

まずはいつもの観音参りに行く。途中の八条ヶ池にて
IMG_0179.jpg
IMG_0180.jpg
満開です。天気がよかったらもっといい絵になったかな??
観音への登りはいつになく脚が軽くまわる。こないだみたいな息切れを起こすことなく順調に上がる。ダンシング区間もリズムは狂わない。

お~!!!いいじゃん!!!
なんだかんだ言ってやってきたローラー練の効果が出てきたのかな??そう信じたい。この軽さ!!

特にダンシングの時のペダリングが前回とは全く違う!!キツイのはキツイが、淡々と1時から4時までの間に入力し、反対側の脚は引き足で膝を持ち上げている。だからペースも全く変わらず(って言っても遅いのだが・・・)観音まで上がれた。TTではないのでタイムは全く気にしていないが、毎年ながらここでフォームチェックとダンシング矯正ができるのがいいなあ~

IMG_0181.jpg
観音桜も満開。
今日はベニーまで行かず。

いったん下りて北に向かう。光明寺で休憩。
ここも紅葉の名所であることは、桜も多いのだろう。

善峯寺に向かう。高速道路の工事は着々と進んでいる。そういや観音参りにも工事区間があった。大山崎から沓掛までの区間らしい・・・・この工事区間を越えると住宅街であるが、激坂が続く。39×19で回す。ここもなんとかクリアできそうだ。最後の赤橋を越えてバス停でいったん休憩。その後も激坂は続く・・・
IMG_0182.jpg
でました!!!斜度30%以上はあるぞ!!! 当然行けません!!!
もはやここまで。これ以上は変態クライマーの領域。

IMG_0183.jpg
ここも満開。でも空がイマイチ・・・

ゆっくり下って、松尾大社でまた休憩。
IMG_0185.jpg
もう桜はどこでも満開。このまま嵐山まで行ってみる。強烈な人ごみは覚悟の上・・・
IMG_0186.jpg
IMG_0187.jpg
 凄い人出!!ここには自粛って言葉はなさそう。あちこちで宴会をやっていた。しかしブルーシートは目障りですな・・・・

この後市内を回って御所に来てみたら・・・ここも満開!!
IMG_0191.jpg
IMG_0193.jpg
IMG_0200.jpg
いずれも銘木であろう桜の木に向けて、皆一様にカメラを向けていた。

出町柳の鴨川合流地点
IMG_0201.jpg

鴨川べり
IMG_0203.jpg

鴨東疎水べり
IMG_0205.jpg

こんだけ回ったら、花見のご馳走様状態。足早ではあったが京都大周り花見ライドを十分堪能できました。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

雨の中でもローラー練!!

2011年04月09日 23:45

●4月8日
今日は雨・・・ 花見も中止になりまして・・・帰宅即ローラー練に向かう。

昨日判明したローラー台のハブ軸を挟むダイヤルを調整して負荷の強弱を変えていきます。

とりあえずアップ10分
ミドルにかかる前に調整。でもいきなりアウターに掛けられるように弱めると、今までの感覚でやっていたのが無になってしまう・・・今日はこのままにして39×17を40分 ケイデンス90~100 心拍155前後
ダウン 5分

雨でローラーが濡れたのか?気のせいか心持軽かった・・・気がする。いやローラー練習場は屋根つきのゴミ置き場であって、雨に後輪が濡れることもない。リムサイドも濡れていないし~

練習終了後アレコレいじってアウターでも結構な負荷で回せるところを見つけた。来週からこれでやってみよう。しかし一体何ワットになっているのか気になるところ・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

苦しいローラー練

2011年04月09日 23:27

●4月7日
 実は今週の月曜日もローラー練したんです・・・・土曜に行った小浜ツーリングの疲れが全く取れておらず、39×17では全く踏めず、19Tでなんとか回しておりました。なんと疲れの抜けにくい体になってしまったものか・・・・


7日は
アップ10分
ミドル30分 39×17 ケイデンス90~95 心拍150~160 
ダウン5分

キツイ・・・・どうもローラー台の負荷調整は全くいじってないが、ハブを挟むダイヤルでもかなりの調整ができることが判明!!!ってもっと早く分かれよ!!! なぜかインナーでしか回せないローラー台っておかしいって思えっちゅう~ねん!!! 情けないなあ・・・


明日は調整してみようっと・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

さぶい4月・・・

2011年04月03日 17:20

●4月2日
 昨日のダメージは思った以上に厳しい。
左膝の内側、腰、脚の付け根・・・辛うじて風邪は引いていないが・・・ 190㌔でこんな状態では300㌔なんかとてもとても・・・・福井GFも10月となればどうモチベーションを保つのか? なんかイマイチ気持が乗らないなあ~

こんな時は何も考えずに楽しいツーリングだけ行くのがいいのかな??

というわけでG・Wは奈良の大峰山周回。7月に乗鞍周回を計画した。当然K君同行。他にも希望者がいれば同乗可。

こういった厳しい目的だけでないツーリングで自転車を心底楽しむって事が大事なんだろうと思う。



さて今日は本当にさぶい。昼からは天気も回復してきた。でも北風が厳しく、冷たい!!!なんだこれは??

IMG_0173.jpg
IMG_0175.jpg
そして自宅周辺の桜はまだまだって感じ・・・

IMG_0176.jpg
ここもまだまだか・・・・ここは天気がよければ花見なんかもできる穴場。でもまだ時期早尚・・・

IMG_0177.jpg
最大望遠にして比良山の蓬莱山を見ると・・・・山頂部はまだ雪が見える。

昼の2時で気温8℃・・・ 多分小浜は北風と低温の嵐・・・・・今日行かなくてよかった。
今日はゆっくりと休養して夕方からツールドフランドル鑑賞ですな・・・  ボーネン頑張れるかな??

今期初小浜ツーリングはやっぱり激さぶだった・・・

2011年04月03日 14:13

●4月2日
 年度替りの激忙週間をどうにかこうにか乗り越えました。この間色々なことが発生しましたが、なんとか乗り越えられそうです。


 さて4月に入って初ライドは小浜へ行って来ました!!!先日の1日がとても暖かかったんで、やっと冬装備から開放されるかと思ったが・・・・2日の最高気温予想は12℃???  小浜や山間部はもっと寒いかな???ってあたりまえやん!!!!

悩んだ結果またまた冬装備で出発。相棒は今日もK君!!彼は元気です。前日の宴会で深夜帰宅でも付いて来てくれます。まあ私も同じやけど・・・・

 彼は何を考えたかそれとも天気予報をチェックしなかったかエライ薄着。夏用アンダー+半そでジャージ+アームウォーマー+レーパン+レックウォーマー+ウインドブレーカー そりゃ寒いで!!って説明してもあまり分かってもらえず。とりあえず出発。高雄手前のコンビニでも他のチームがたくさん集合していた。彼らも薄着。なかには夏ジャージ+ウインドだけに人もいた。これで北にいくのか????

 まあ走出すと結構暑い。R162の登りは暑くてサロペットの肩をはずして背中に風を取り入れる。なんとか工夫して周山へ。ここまでは快調快調。なんの問題もなく進む。美山へも特に問題なく・・・
IMG_0165.jpg
小休止しているとコンビニで見かけたグループが追いついてきた。彼らも小浜へ行くのかな???って思っていたら堀越の登りで先行した彼らに追いついてしまった。このあたりから強烈な向かい風が・・・・
今日は終始この風に悩まされた。でも今日は二人なんで心強い。一人やったらいつも通り 心が折れてしまったと思う。
 堀越をグループで下って道の駅で小休止。しかしここがまたエライさぶい!!!登りでかいた汗が冷たい。しかもこれまたエライ曇天。今にも雨が降り出しそうな気配。そして案の定K君や高雄から一緒のグループの彼らは凍えている。「あかん!!ずーっと上ってな凍死しそうや!!!」なんてわけの分からんことを言っている。

 ここもそこそこにして小浜へ急ぐ。相変わらず向かい風は強烈。一時的に時速25キロ以下になることもあったが、そこは二人で協力しながらスピード維持!!!しかしここで脚を使ってしまった・・・・後々大変なことになるのに・・・・   小浜で美味しいラーメンでもって思っていたのに、一刻も早く帰宅に付かないと雨が降りそうな感じ・・・仕方なく小浜はスルーして広域農道の新しくできた道の駅に入る。
IMG_0166.jpg
ここでも休むと激さぶ・・・弁当+暖かいスープでなんとか腹ごしらえして先を急ぐ。気温は終始8℃~10℃で北風が強く、曇天。体感気温はもっとさぶいはず。は~ツライ!!ツラ過ぎる!!!私の冬装備でもさぶいのにK君は終始震えている。早く登りたい!!と。

 後半に入ってR303の緩い峠も一気にパスしてR367の峠に入ると・・・・北斜面は雪景色???道の両サイドに1メートル近くの雪壁が残っていたりします???4月やで4月!!! どんだけ雪国やねん???
IMG_0167.jpg
このあたりから登りは見る見るペースダウン。でも掟破りのアウターローを炸裂。私にとってこの程度の斜度は52×23あたりのテンポ走行が一番持続できるのだ。メカには負担がかかるが・・・・
 朽木で最後の休憩。
IMG_0168.jpg
やっぱり比良山系も雪はたっぷり。R367をあまり早くないペースで南下する。やっと京都方面は薄明るくなってきて一安心。なんせこのさぶい状態で雨に打たれて走る事だけは避けたかった。そんなことしたら走行不能になるのは目に見えている!!

 ずーと同じペースでジリジリ登り続ける。坊村からの急坂では52×25を多用。チェーンが捩れているのはよく分かるが、アウターのほうがかかりがいいのだ!! 時折ダンシングを織り交ぜながら進む。脚の付け根の筋肉が痛い。後左ひざの内側も痛い。腰も痛い。痛い所だらけであるのだが、なんとかペースは変えずに花折峠を越えた。

 後は下りのみ!!!寒さも忘れ豪快なダウンヒルを楽しむ。大原の通過して京都市内に入っても相変わらずの向かい風!!!今日は右回りであったが終始向かい風。これを春独特の道路風と私は呼んでいる。はっきり言っこの時期、道路進行方向に対して向かい風はどこも同じ。向かい風だからといって逆走するとすぐまた向かい風になる。つまりどっちに向いても進行方向の逆から風が吹くのだ。酷いところでは店の幟などが道を隔てて反対方向になびいているのをよく見てきた。

 科学的には理解できないが長年経験してきた私の結論がそうなのである!!!!
まあそんな季節の奇説なんだと思って諦めているが・・・・

 今回はK君と二人で協力しながらのツーリングであったのでペースは結構速かった。でも4月のこの時期としては
この山岳コース189㌔ アベ26.6は十分であったと思う。ただし体へのダメージは計り知れないが・・・・
IMG_0169.jpg
ちなみに今日の最高速は
IMG_0172.jpg
花折の下り直線コースで叩き出しました。ムチャ怖かった。その先にヘヤピンカーブがあるので・・・・でも一切ペダリングなしなんで、52×12あたりで漕ぎ倒せば時速90㌔位は出せるでしょう。しかしその先のカーブはまわりきれず崖下にまっ逆さま間違いなし!!! そこまでムチャはしませんよ・・・・なんぼ元ダウンヒラーといっても・・・・



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。