スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月23日

2007年11月24日 15:09

 今日は練習はお休み 三連休初日は妻と紅葉を見にお出かけ。高台寺の入場券をもらったんでライトアップに行ってみた。人ごみは覚悟の上。しかしひどい!!!!! 五条坂から清水寺へはあまりにも人が多すぎて行けません。裏道を駆使して紅葉を探す。しかし清水下の三年坂の入口付近は近づかないほうが無難。全く人が動いていないのに下は階段で非常に危ない。結局山村美紗の自宅前を通り正伝寺に向かうと人がうそのようにいない。

 結局観光客なんてガイドブックに書いている所か人がいっぱい行く所へしか行かない。
正伝寺なんてあんまりメジャーじゃないから誰もいない。こんなに景色がきれいなのに・・・・・

125_2503.jpg

紅葉は少しだがこんな景色を一人占め!!!しかも今日は天気最高!!!夕日が西山に沈むのがはっきり見えた。

125_2504.jpg

こんなロケーションがあんな人ごみのすぐ近くにあるのに・・・・・まあ妻と二人でしっとり夕日を堪能して高台寺へ向かう。

 途中のサテンで休憩そ闇夜を待って境内へ
125_2506.jpg

駐車場の入口で法観寺が綺麗に見えていた。八坂の塔といった方が判りやすいか。

して高台寺へはタダ券持ってるんで行列は無視して入る。ここも人であふれている。まあ仕方ないか・・・・。東山から出てきた月を池に写して写真撮りたかったがなんせこのデジカメ200万画素なんで全く映りません。せめて800万画素のデジカメがほしいなあ。

結局紅葉は写真に取れず高台寺を後にし、阪急百貨店のハゲ天で天麩羅を食べて帰宅したのであった。

スポンサーサイト

11月11日その2

2007年11月23日 14:10

 東山斎場横からシングルに侵入するもここは石がごろごろ。走り難い。

124_2495.jpg

こんな感じでシングルは続く。

124_2496.jpg

数十メートルの押しで三叉路に到着。ここで登りはおしまい。極上DHが待っております。

124_2497.jpg

三叉路を右へ行くとこれまた極上ルートで京女裏に出るルートと豊国廟広場へ出るルートに分かれる。ここらは5年前に私がDHにはまっていた頃の練習コース。ドロップオフ、高速コーナー、スイッチバック何でも練習できるいいところであった。しかしやはり時間帯によって散歩する人も多く対人安全には気を使う。私も早朝か夕方によく練習していた。タイムアタックしたりと・・・・・

124_2498.jpg

今日のコースはこちら。ここもスーパーDHコースだ。特に難しいコースはなくスピードが出せる。昔を思い起こしてガンガン突っ込んでしまった。もうアドレナリンでまくり!!!!
時間にして2~3分であるがこんな身近なところにこんな楽しいコースがあるなんて非常に幸せ・・・・・    今日はハイカーも散歩人もいなく思い通りのコースを堪能できた。

124_2499.jpg

ここで終了。住宅街に出る。
 ここまでで東山アタック3部作の全編であります。後半はDH時代に多用したところで想い出深いコースだ。久振りにDHの血が沸々と滾ってきた思いでいっぱい。妻の許しさえあれば何時でもDH復活できるのに~      今はDHバイクは埃にまみれている。いつの日かDHに跨れる日を夢見て今日はXCバイクで思いっきり堪能しました ハイ。

11月11日

2007年11月23日 13:45

 紅葉シーズン真っ盛り 今日は大文字アタックスペシャルに出かける。XCの師匠は野暮用でこれず別のXC師匠と行く。彼は以前は師匠であったが、最近は気力体力経験スピードは逆転し知識だけの師匠となっている。ついに弟子に逆転か???

さて朝6時スタートは寒い!気温5度!!必死にこいで銀閣寺から山中越えへ。ここの登りももうなれたものでアウター28でスイスイ登れる。料金所前の坂でもがいて心拍180しか出なかった。もっと負荷が必要か? ここで弟子を待つこと30分。あまりにも寒く、また遅いんでもう一度下って捜索するがいない。携帯連絡すると登りがきつく山中町で一旦下りになるのが不安で退却し銀閣寺から登山道を担いで登っている。もうすぐ火床につくとのこと????
 しまった。彼に道を教えておくの忘れた!!!って思っても仕方なく山頂待ち合わせにして先を急ぐ。しかし担いで大文字を上がるなんて普通考えないやろう。

かくして山頂したで落ち合い事なきを得た。彼はここですでにヘロヘロになっていた。まあここから下りオンリーやし何とかなる!!!!

いつもの道を激下り!!楽しい!!どんどん下って難しいロックセクションを難なく通過。だいぶテクも向上したのかな??やはり楽しみながら下ることがいいんだろう。マシンの性能なんて気にもしない。でもさすがに南禅寺鐘楼横のドロップオフはいやらしい2段になっており、躊躇するが弟子は機材の性能を活かして事もなく下る。あー良く動くサスがほしい。なんせ私のサスは1インチしか動かない。衝撃はほとんど体で吸収やもん・・・・・

 第1部はここで終了。秋真っ盛りの南禅寺は観光客でいっぱい。紅葉もキレイだが目もくれず将軍塚へ登る。ここは久し振り。3年ぶりかな??ゆっくりのぼって山頂よこから清水山方面に下る。
124_2483.jpg

ここから侵入

124_2484.jpg

こんな感じのこけむした岩がつるつる状態

124_2485.jpg

ここらへんやや難しいっていうか滑りやすい。前輪の置き所に悩む。

124_2487.jpg

いっきに下れば問題なし

124_2489.jpg

狭い所から階段下りで広場へ出てくる。私は横にエスケープ

124_2490.jpg

ここからしばらく緩い登りだが根っこがきつく乗車不可能が続く。清水山山頂分岐も過ぎるとここから一気に下り。ここも楽しい!!!雨水流しようの丸太が所所にあるのが邪魔ではあるが、これは仕方ないテクニックで切り抜ける。ここらから散歩がてらの人も来るので要注意だ。ハイカーと違ってMTBを目の仇にしている感がある。くわばらくわばら・・・・

124_2493.jpg

ここで階段となり清閑寺近くに出てくる。東山トレイルと同じコースは最近トレイルランナーも多い。もうすぐ東山三十六峰があるからか? しばし車道ろ走り、東山の斎場近くからトレイルに侵入

124_2494.jpg

ここから入る。

11月9日

2007年11月17日 00:42

 先月から京都周辺の山々をXCで走りまくりXCで楽しめるルートを開拓した。以前から知っていたルートもあるが東山、北山、西山に各1本ずつ題して

京都DH三部作

なぜDHなのかと言うとダブルトラックの舗装路を登ってシングルを下る!!!これをモットーとしたからなのです。
東山の大文字アタック。北山の鞍馬尾根アタック。西山の沓掛アタック。
これらに各バリエーションルートを加えるともう最高だ。

考えて見るとバリエーションルートは沢山あるなあ。
まず東山

①将軍塚から清閑寺
②火葬場横から京女裏  これはスーパーDHコース 2本

北山
③京見峠茶屋からゴルフ場

西山
④ベニーから柳谷

今知っているだけでこんだけある。まだまだ醍醐方面、宇治方面にも開拓余地がありこれからが楽しみだ。できれば体系化してみたい。

11月11日

2007年11月11日 21:29

 書き込みが停滞していたんで連発します。この日は前日の雨の影響で朝からどんより。でも今日こそ西山DHを完成させるべく単独で向かう。
東山の大文字アッタク、北山の鞍馬アタックと続いて西山の沓掛アッタクを完成させないと京都DH三部作は完結しないのである。

そんなこんなで9号線を西進し老ノ坂から西山団地へ侵入。団地の入口はこれまたエゲツナイ激坂。こんなところに住んで居られる方々はどんな足しとんねん???ってなこと思いながら団地最上部に到着。ここに数年前有料ジャンプセクションあったらしいが今はないのかな???誰か知っている人がいたら教えてほしいなあ。

 鉄柵を越えて造成地みたいな所を過ぎて舗装道路に入る。当然車はこれない。静かな林の中を黙々と高度を稼ぐ。しかし10分も登れば沓掛山への入口がある。なかなか判りにくい場所なんで注意が必要。ここからシングルになる。ハイキングコースの唐櫃越らしい。道はしっかりしているが初めてであれば迷いやすい。なんせ間道が沢山ある。まあ磁石でももってればずっと東に行けばいい。道は乗車率が50%というところか。総じて尾根の中腹をひたすら巻いている感じ。今日はコンディションが悪いがいいときはもっと乗れるだろう。

 総じてなんか怪しい道を進むとやっとハイキングコースも看板が出てきて一安心。そのまま約50%の乗車率のまま山頂に行くはずが????どうも頂上すら巻いてしまったようでそのまま下りに入る。そうとなればこっちのもの!ご機嫌なDHが始まる。昨日の雨でややスリッピーではあるがガンガン突っ込んでいく。ここもなかなか距離があって楽しい。ロックセクションも難なく通過。桂坂の街並を見下ろして最高のDHを楽しむ。

 程なくして竹薮を通過。もうこのあたりでは怖いものなしのよなスピードで下る。最後は墓地に飛び出てこのコース終了。あ~楽しかった。これで京都里山DH3部作の完成だ。
今後はバリエーションルートを広げられれば言うことない。と同時にXCバイクも限界にきているので少しづつ改良できたらと思う。

11月4日

2007年11月11日 19:27

 何と書き込みが1ヶ月も空いてしまった・・・・・ってことは練習も全く出来てないってことか。
まあ10月は家族サービスのキャンプや会社の旅行があったりして忙しかった・・・・・って感じで言い訳を並べても仕方ない。

 今は体重も65キロを維持できているし、ロードの外での練習は9月までと決めていたからこれでいいのである。今はXCでのDHを思いっきり楽しみながら基礎体力の最低ラインは維持できればいいかなって思う。ただこのブログのアップは練習がなくてもネタはあるので続けていこう。

さて11月4日はXCの師匠と鞍馬尾根DHに行ってきた。天気もよくハイカーの進出も予想できるので早朝6時に自宅から自走スタート。車も少なく堀川通を北上。1時間で市原コンビニへ。
ここからヒルクライム開始!!!っといってもXCだからロードより楽々・・・のはず。
でもやはりたった数週間のブランクは体を鉛のようにしてしまったのか???XCバイクのアウター44だけで行けると思ったが甘い!!! ミドル×32でヒーヒー状態。なんなんだ???

百井別れにヘロヘロなって到着。XC師匠を待つ。その間数人のロードがあえぎながら登っていった。早朝からやるなあ~って感心してたら師匠到着。彼も同様に練習から遠ざかっており私よりひどい状態。   しかしここから数百メートルではあるが京都有数の激坂が待っていた・・・・・しかも国道??アスファルトではなくコンクリートでガタガタ道!!!多分23%以上はあるだろう。京都のゾンコランと言っておこう。
 
 ここをなんとかクリアすると百井峠に到着。尾根伝いに天ヶ岳に向かう。4~5回のアップダウンで山頂到着。当然誰も居りません。さあここからお待ちかねのDHタイム!!!
サドルを少し下げて、プロテクター着けていざ!!!   この時期落ち葉が多く多少すべるが草が少なくいい感じ。いつもよりサドル低いことがこんなにもテク向上に繋がるのか?と思うほどガンガン下れる。ドロップオフもなんのそので突っ込んでいける。まさに最高は気分!!

ここでも数回の登り返しはあるがどれも数メートルか長くても十数メートルだから苦にならない。静原への分岐を超えてもガンガン下る。途中数人のハイカーとすれ違う。さすがにここは徐行。薬王坂についてさらに静原方面に下る。ここからロックセクションもあるが問題ない!
ガンガン下るのみ。最後に滑りやすいセクションを越えてあっという間に麓に到着。 久し振りの鞍馬尾根はアドレナリン出まくりの大興奮のまま終了。

 今日は天気も良く、路面コンディションも最高な状態で下れ本当に最高でした。写真のアップがないのが残念だけど・・・・   後は市原経由で加茂川~鴨川の河原のひたすら走り帰宅と会いなりました。私は久々のロングDHに感動!!!でしたがXC師匠はくたびれ果てていました。

 今日のコースで乗車率90%ぐらいだろうか?本当に最近の色々なストレスを忘れさせてくれるいいコースでした。






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。