スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪の北山・三国岳アタック・・惜敗

2014年01月20日 20:07

●1月19日

トレーニングの一環って訳ではないが、ここ毎年T君と北山方面には必ず行っている。別にピークハンターではないので、道なき道をラッセルして喜んでいるのだ。・・・で今回は三国岳を直登ルートで行くことに・・・

今日は朝から大雪。播磨北丹には大雪警報が出ていた。6時に自宅を出るとチラチラと雪が舞う。
彼をひらって市内を北上すると・・・

IMG_3088.jpg
高野橋  フロントガラスに焦点が・・・   結構積もってます。京都でこんな積もるのは珍しい


IMG_3089.jpg
八瀬のコンビニ  10cm位か


IMG_3090.jpg
大原では完全に雪国となった。周りはスタックする車もチラホラ・・ そら京都で4駆スタッドレスは必要ないけど、今日はいるで~ 我が車はスイスイとR367を北上する。

途中・花折もあっさり越えて梅の木から久多に向かう。ここもあっさりパス。こんな朝から各地で除雪作業を延々としている。ここは京都なのに・・・除雪?? こんな山奥の集落にも除雪に来ている。すごいな~

さて桑原で車を置く。ここからアタック開始!! 今回私はワカンを使用。スノーシューは斜度があるとしんどい。
桑原橋を渡って林道を行くのだが、のっけから積雪1mに阻まれる。しかも新雪。1mきっちり身体が沈みます。平地でもラッセルが強烈。畑を囲うフェンス沿いにラッセルで行くと1時間30分で壺下口に到着。もうヘロヘロな2人・・

ここから尾根に取り付くのだが・・上りやすそうな所から適当に上り始める。しかし積雪は1m以上でふかふか状態に下がクマ笹のブッシュなんで余計にふかふか。雪を踏み抜いてもがくこと数回。

IMG_3092.jpg
先行するT君

なんとか尾根に乗っ越すことが出来たがもう疲労困ぱい状態。歳には勝てんな~ 後は尾根をひたすら進むのみ! しかし尾根と侮っていたら積雪は1.5mにもなりワカンをつけてもよくて膝上 ハマると胸までつかえる。ラッセルも遅々として進まない。まあ道に迷う心配もないし、2人で行けるだけ行こう!! みたいな感じでノロノロ進む。P686で休憩。ここから楽になると思ってら余計に雪が深くなる。

IMG_3095.jpg
IMG_3093.jpg
歩き易い所を探っては進み、探っては進み、う~ん先が全く見えない。天気は10分雪が降って、1分晴れる を繰り返している。12時を過ぎて松が密生している風よけを発見。ここで昼食とするが、風雪は厳しい。標高が上がっている証拠に気温は下がって-5℃前後。休憩するとウインドヤッケについた雪がバリバリに凍る。 食事もコンロで暖かいラーメンを作って速攻口の中に流し込む。ここでは身体に熱を与えることが必要。

20分位で切り上げて頂上を目指すのだが、いっこうに先は見えない。ラッセルだけが延々と続く。2人では力不足だ。

IMG_3096.jpg
僅かながら青空も見えた
IMG_3097.jpg
IMG_3098.jpg
北の方角には百里が岳が見える。


2時になってここで打ち切る。帰り道に不安はないが、もう2人の体力は限界だ・・・ そして下りはいつもながらあっと言う間・・約40分程で壺下口へ降り立つ。
IMG_3100.jpg
えげつない斜面をジグザグで登った後が・・・

そして車までの林道を1時間程歩いて今回の登山も終了!!

またしてもピークには立てなかったが雪とは存分に戯れてきたのだ。身体へのダメージは図りしれない。でも北山の奥地は人に出会うこともなく秘境気分満点のひっそりした山で存分に楽しんできました。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

雪の北山八丁平を目指すが・・・・

2012年02月21日 22:54

●2月19日
早朝は非常にいい天気であった。月と明けの明星が素晴らしかった・・・・


今日はかねてから予定していた北山アタックに行く。お相手はいつものT君だ。彼とは年に1回の恒例行事となっている。今年は日帰りであるが、豪雪で何処へ行っても雪に事欠かない。いつもながら無計画な山行であるが、とにかく花背峠を越えてみようということで午前6時前に自宅を出発。(一応断ってはおきますが、決して無理はしません!!)


IMG_1043.jpg

北山へ行く時のバロメーター シクロ橋から北山を望む。土曜の雪はこのあたりでほとんどない。山にも雪はなさそう・・・・


鞍馬寺前でもこんな感じ

IMG_1045.jpg
路面は全く雪がない。しかし気温は-4℃。濡れていた路面は凍結している。車は4駆のスタッドレスなんで全く気にもしていないが、温泉を過ぎると景色は一変!!!

IMG_1046.jpg
峠の途中でも積雪50cm以上。スタックしている他の車を尻目にスイスイと登るのだが、ヘヤピンカーブではややすべる。心配なのは峠の北面だ。この時間ならまだ車も走っていないので路面もツルツルになっていないだろうが・・・心配・・・

IMG_1047.jpg
IMG_1048.jpg
そりゃ凍結するわな・・・・

ここからはそろそろと下る。花背の集落では気温が・・・・・

IMG_1050.jpg
何~!!!-13℃??? 絶対に壊れていると思うな~

さて行き先を大悲山からの林道で峰床山を目指すことにして、美山荘に到着。ここで車をデポ。さてここからスノーシューで歩き出すのだが・・・・・
IMG_1052.jpg
何処が出発点なのかわからん・・・・




IMG_1051.jpg

どうやらこの橋を突破し林道が始まるらしい・・・一体積雪何メートルあるねん!!! 

ここは腰までのラッセルを強いられた。林道で膝程度のラッセル。今日の高低は林道メインとはいえ距離が長い。ん~ここにきて山頂までは無理なような気がしていた・・・・

IMG_1053.jpg
天気がいいので気分は上々。しかしペースは全く上がらない。適当にコースを選んだツケがきたか・・・しかもこのコース夏も来た事がない。地図とコンパスだけが頼り。まあ無理せずいけるところまで行って帰るとい目的に変更して先を進む。時折股くらいまで沈む。スノーシューが無ければもっと悲惨であったろう。

そして林道を1本間違って右折。三本杉の前まで来て気が付いた・・・間違っているやん・・・・ここから引き返すのもツライが道無き壁をよじ登るのもどうかと・・・しばし悩む。

IMG_1058.jpg

樹齢何年なんでしょうか???注連縄が巻かれていた。さてここから激坂をよじ登ることにして2時間奮闘。一応尾根には出られたが、二人ともヘロヘロになってここがどこかも判りづらい状態。辛うじて道しるべなどから位置を割り出し先へ進む。しかし天神の峰というピーク871で今日の進軍は終了とする。コンロでのラーメンも恒例だ。風がないから寒くもない。我々以外には全く人の気配もない。まことにノンビリとした時間を味わうことが出来る。こんな時間を持つことも大事なんだな~  ノンビリと過ごした後はサクサクと我々がつけたトレースを忠実にたどる。

IMG_1054.jpg
こんな激坂を積雪期に来るアホもおらんやろ~

IMG_1056.jpg
北の稜線が峰床山かな????

さてここから引き返すのだが、激下りは下りるというよりも落ちるだ・・・5時間かかってきた道を1時間半で戻ってしまう。

IMG_1057.jpg

ここまで積もるとスノーシューよりワカンのほうが楽ではないかな???

我々はピークハントではないので雪の上を歩くだけで十分満足なのだが・・・1年ぶりの登山はやはり身体のアチコチを痛めつける・・・肩・腰が痛む。でも心地いい疲れに浸って、帰りの花背峠を越える。

帰りは雪も解けて楽々に走れる。京都市内は今朝のように素晴らしい天気となっていた。

年に1回だけの冬山登山で今回も行き当たりばったりであったが、非常に楽しくそして過激な山行であった。これでまた雪への憧れも十分満たされました。

マキノ赤坂山スノーハイク

2011年02月20日 22:51

●2月20日
昨日の夜8時から京都を出発。1時間でマキノに到着するも適当にテントを張るところが無くあたりをウロウロ・・・・

結局はマキノの山奥 在原集落へ行く途中の道沿いでテントを張って、即就寝。

赤坂山2010 002
外気はマイナス2℃程度。この時期としては暖かいほうか・・・5時までぐっすりとなてマキノスキー場に入るも駐車場のオープンが7時と時間待ち・・・・はっきり言って京都早朝出発でもよかったのだが、まあテント泊も雪山雰囲気が味わえるものとして、いいかな~  ガソリンコンロのフォエーブスなんかも使えてそれなりに楽しかった。

さて8時前にスタート!!
赤坂山2010 004

前を行く今回の先行者T君
天気は最高だが上部は相当風が強そう・・・・雪は締まっている。この1週間雪が降っていないらしい。このまま行けばスノーシューを使わないかも・・・・

取付けに迷ったが、すぐに足跡で判った。山スキーの山ガール2人は方向違いみたいで、今日のトップを行くことに。しかし全くツボ脚にはまらず、スタスタと登れてしまうぞ!! 
赤坂山2010 009
雪に埋もれた東屋まで45分で到着。しばし休憩・・・非常に暑い!! ここから尾根沿いに急斜面もあるが、全く問題なくスノーシューの出番もなく進む。

主稜線に乗っ越すと・・・・一気に潅木もなくアルペンムードが高まる。
赤坂山2010 012
赤坂山2010 013
赤坂山2010 011
しかし風をさえぎる物もなくえげつない風が容赦なく吹き付ける・・・でもここまできたら山頂はすぐそこ・・・

赤坂山2010 035
山頂が見えてきました!!!

しかし北側からの突風で1分もいられず、写真だけとって琵琶湖側の斜面に避難する。

赤坂山2010 015
北東側  左端うっすらと白山が見える・・・

赤坂山2010 029
東側  能郷白山が見える。

赤坂山2010 020
北側 天気がよければ若狭湾が見えている筈・・・・・残念!!

赤坂山2010 030
東南側 琵琶湖や伊吹山、鈴鹿方面

頂上の琵琶湖側5メートル下に雪洞跡がある。ここは風が全くなく別世界。ここで早いが昼ごはんに・・・と言っても2時間程度で上がってきた為コンロで紅茶を沸かして飲んだだけ。後はそそくさと下る。日が昇ってきて雪が腐りだし、ますますスノーシューを使わない・・・くだりは半分滑って走る?? 時間は40分もかからずスキー場へ降り立つ。この頃にしたから続々と上がってくるパーティーに遭遇。ここはスノーシューハイクの初心者向けコースなんだな。それでいて結構なアルペン気分が味わえるので人気があるのでしょう!!


結局1回もスノーシューは使わず。実働往復2時間半程度で終了~  まあここはこんなもんでしょうか??

後は温泉にのんびり使って帰京。
赤坂山2010 036


渋滞のない時間帯にあっさりと京都まで戻れました。来週から暖かくなるみたいで雪山もこれで終わってしまうのでしょうな~
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

伊吹山ご来光登山!!

2009年08月08日 18:19

●8月7日
 ん~登山といっても車で山頂まで行って20分の登山ですが・・・

天気予報をみて滋賀県の天気はなんとかなりそうな予感がしたので、妻を説得して金曜の夜に出発、夜のうちに山頂駐車場で待機 ご来光へGOー ってなことを目論みました。

仕事は早く終われたんで飯も食わずに出発!!しかし今日は琵琶湖の花火大会で名神は駄駄渋滞
!! 京滋バイパスで混雑をパスして米原まで高速利用。ETCなら1000円のところ、我が愛車には皆無なので2750円も支払う。まあ仕方ないか・・・・

真っ暗な関ヶ原を通り、ドライブウェイのゲートへ。こんな物好きな奴はおらんやろうと思いきや、この時間(午後9時20分やで!)に登って行く車多数。

途中でガスに巻かれ、時速20キロくらいで上がる。4月のヒルクライムはここを上がっていたんやな~私に無縁ではあるが・・・結構キツイ斜度もあったりして・・・・4月やったらさぶいやろうなあ~って思いながら・・・・
山頂駐車場についてビックリ!!!なんちゅう車の数!!夜間登山なんて数台かな~って思ってきたが、なんのなんの数十台が待機している。
伊吹山2009 003
夜間駐車場で待機~
コンビ二弁当食って一息入れて寝ます。って車内は妻に占拠され、私は外にシート敷いてシュラフで寝ます。涼しく、風もなく快適快適。
3時過ぎにゲートが再開するとまたもや車が続々と・・・・なんでやねん?こんな人気があるのか?私は穴場とふんでいたが・・・・

肝心の天気は今ひとつで濃いガスがときより立ち込める・・・山頂へはゆっくり登っても20分でつける。お手軽登山だ。
しかし!!
やっぱり・・・・・あきません・・・・
伊吹山2009 005
伊吹山2009 007
南側はの夜景がなんとか見えるが東側は雲の中・・・
伊吹山2009 010
山頂は土産物屋もあったりして・・・
伊吹山2009 006
伊吹山2009 001
やっぱり東側は雲が厚い。薄明るくなると下(1合目)から歩いて登ってきた人が続々・・・
みなご来光を待ってます。
伊吹山2009 014



残念ながら・・・こんなものでした。
伊吹山2009 002
伊吹山2009 015
伊吹山2009 022

陽が昇って明るくなると・・・・・・そこは一面お花畑!!! そうか!!みんなこれを撮影に来ているのか!!  確かに綺麗だわ!!本当に1面!!皆お花畑!!これには感動した。ご来光が見れなくて残念やけど、これでちょっと満足したかな~
伊吹山2009 020
伊吹山2009 021
伊吹山2009 023

お土産屋でモーニングコーヒーを飲んでほっこりして下山します。もう駐車場も車が沢山集まってきます。
伊吹山2009 024
駐車場から山頂を見ると青空に緑がよく映えて綺麗です。
伊吹山2009 030
しかしこの数十秒後に濃い霧がかかりあっという間に真っ白!!今から重い三脚を担いで登ろうとしている人々から悲鳴が聞こえます。

結局ご来光も山頂からの展望も見れなかったが、それに代わるいい景色も見れた事やし満足してガスの中を下ります。
伊吹山2009 031
下界はこれまたどんより雲って激暑状態。しかも小雨まで降ってきた。そして午前5時 これから山頂を目指す車も続々と・・・・・凄いなあ この天気が目に入らんのかなあ??

さあ暑くならないうちに、そして帰省ラッシュで高速が混まないうちに帰りましょう!!
って結局下道でスイスイ帰ってこれましたが・・・・・

ご来光はまた次回の機会に行くことにして寝ます。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

京都北山の秘境

2009年02月21日 17:07

●2月14日
 予てから計画していた雪山1泊登山!!!!
しっかしあったかいぞ?なんじゃこりゃ??3月下旬並だと??雪が解けてしまうやないか!!

てなことで同行者の都合で2時ごろ自宅を出発。予定では豪雪の小野村割岳を目指すはずであったが、雪は皆無。参考にしたのが広河原スキー場のHP。ここの情報では積雪は果てしなくゼロに近い40センチ・・・・・しかも上部閉鎖・・・・・こりゃあかんわな・・・

それならばもっと奥地の秘境と呼ばれている生杉周辺を歩いてやろうとなる。国道367号を北上し梅ノ木から久多へ。そこから生杉までは1車線のくねくね道。途中に釣掘なんかがあった。そして生杉に到着。
 ブログ 033

なんとか雪はある。しかしグサグサ。
とにかくここは全くの初めてなんであんまり奥には入らない。しかも出発は4時。今日は林道を行けるまで行くだけ・・・・・ 装備は1泊分なんで重い!!。大学山岳部にいた時以来の大荷物だ。
ブログ 034
林道はスノーシューで快適に歩ける。コンクリート上を歩くにとあまり変わらない。
ブログ 036
ブログ 038
若狭路谷への入口。ここの看板にも地蔵峠から芦生への入山は禁止と書いてある。何故なのかわからん????去年も単独者の遭難が続いているからだろうか???
ここは今回の下山路となる。
そろそろ暗くなるんでいい場所を探しながら先を急ぐ。
ブログ 043
今日の幕営地。スノーシューで足場を固め設営。今回のテントは同行者所有の3シーズン用rテント。少し不安もあるがなんとかなるやろ・・・・・
ブログ 041
なんとか設営。さあ夜御飯はキムチ鍋だ。コンロは昔懐かしいフォエーブス625だ。これは重いが火力な抜群!!!2人用のテント内で5分全開で蒸し風呂状態になる。真冬の北アルプスで何度もその性能のお世話になった優れものだ。2人分の飯なんてあっという間に出来る。
野菜も豚肉もいっぱいキムチ鍋は大成功で2人とも大満足!!!明日に備えて早く寝る。

●2月15日
6時起床の8時出発。30分で林道の車止めを越す。無積雪期は車でここまで入れる芦生はもうすぐだし、短いアプローチになるここは人気になるはずだ。
1時間で地蔵峠に到着
ブログ 044
林道はさらに芦生方面に続いているが、入山禁止となってる以上入らないほうが無難か・・・・
いつかXCで来たいと思っていたが京大はなんとかしてくれへんかな???
ここから短い谷を下って枕谷を遡上する。しかし・・・・・

ブログ 045
谷は北山特有の幻想的な谷ではあるが・・・・雪解け水で水量が多い。そういえば生杉にくるまでの川も激流であったなあ・・・・
川の渡渉が難航する。途中こんな丸木渡しを恐々渡り・・・・へつり、高まきを繰り返し時間だけが過ぎていく。このまま遡上するのは時間的に不利と判断し、途中で尾根に取り付く。しかし荷物が重く、スノーシューも今やお荷物と化し、ピッチはいっこうに進まない。
ブログ 046
尾根筋は雪が少ないだけましか・・・・ いくつかピークを越えてここが三国峠かなって地図で確認していたら別方向の尾根から単独者が上がってくるではないか!!!!
聞けば尾根を直登してきたという。またこの後も天気がいいのでさらに奥地へ行くという。さすがこのあたりを歩き回っている人は違うな~と感心する。
ここで思案したがへばっている同行者を連れてこのままナベクボ峠を経由してまたグサグサ雪の谷を下降するのに後何時間かかるかな???ってことでこの単独者のトレースを使わせてもらうことにした。ピークがどこか良くわからんこともあって、判断は早かった。下りは早い!!!
ブログ 047
ブログ 048
天気は良く気温も上昇してきた。遠く百里ヶ岳方面の向こうはきっと日本海が見えるはず!!
木々の切れ間から生杉の集落も良く見える。
ブログ 050
ザクザクのグサグサ雪をすべるよう降りると30分で若狭路谷に出会い、5分で林道出会いに出る。そこから車までは15分で到着のまさにあっという間であった。

本当をいえば今回のコースなら早朝京都出発すれば軽装で十分回れるコースである。豪雪を意識してキャンプ道具を持ち出したがそれはそれで楽しかった。
この周辺の経験が浅い我々にはちょうど良かったと思う。今後はこの地域を重点に歩きたいと思わせる秘境 生杉であった。
ブログ 054
帰りの大原のコンビ二から比良を遠望。 全く雪がない!!!琵琶湖バレイのスキー場もえげつないことになっているのだろうなあ・・・・・今回生杉にきて本当に良かったと思った・・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。