スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝の佐々里は神々しい・・・

2015年07月26日 02:05

●7月25日

予定通り午前4時の夜明け前に出発。ライトが必要だが朝の気温は23℃までに下がっている。本当に気持ちいい。

IMG_5415_1.jpg
やや曇り空の北山・・まだ日が昇っていない・・

IMG_5416_1.jpg
ここまで1時間。イザルコに乗り換えてきたのだが・・さすがコンパクトは楽である。フロントが50であるが故、非常に軽く感じる。その結果いつもりよりケイデンスが高い。でもそのほうが疲れない。だからマドンの53×23で来ていたときは重いギヤでゴリゴリ踏んで自爆していたのだろう・・・

扶桑橋からの激坂で34×23にしていく。激坂区間はやはりしんどい・・・・ギヤが軽い→ケイデンスは自然に上がる→心拍も上がる→結果的に体にはツラく感じる。→タイムが伸びない・・・

これが悪のスパイラルなのだろう・・・ しかし目標とすべきは高ケイデンスの持続である。しかも平坦地で250W以上の出力を1時間維持することなのだ。レースケイデンスは平均100以上だからここでの練習はあまり参考にならないのだ・・・

私の目標とする地はもっと先なのだ・・・

心拍は常に170あたりで回す。やはりマドンより圧倒的に軽いので蛇行・足つきなく峠に到着。ただ疲労感はマドンと同じくらいに感じた。
IMG_5417_1.jpg
IMG_5418_1.jpg
静寂そのもの。 5時45分現在の気温20℃。非常に過ごしやすい。セミの声もなく、春先のような感じがする。

今日は豪快なDHで気持ちがいい!! 下りでは汗でぬれた体が寒く感じるくらい気持ちいい!!! 大布施は通過して広河原で休憩。何もない・・・何の音もしない・・ 佐々里の登りもでも激坂区間で34×21のダンシングをするが、あとは淡々とシッティングで回す。あっという間に到着。

IMG_5419_1.jpg
IMG_5420_1.jpg
いつもの佐々里峠。今日はまだ登山者のクルマもない。神々しいほどの静寂がたまらない・・・

ここの下りでもまだ23℃で寒く感じるくらい・・・

IMG_5421.jpg
IMG_5422.jpg
まだ朝の8時前・・・気持ち良すぎるわ~~

そしてここから美山まで平坦地の練習なのだ!! 下ハンもって時速35㌔以上を維持。ケイデンスは100前後で脚がよく回る。

美山には9時前に着。ここでも休憩は最小限にしてすぎにリスタート。適度のアップダウンもいいペースで乗り越える。さすがにコンパクトやわ~~~ 日吉ダムまでの平坦地・・・

ここが私の練習場所だ!!

激坂峠を二つ越えた後の脚で平坦を37キロ維持して走る・・・これは鈴鹿の最終周でスパートしていることを想定するのだ。

今日は風も微風でしかもコンパクト。37キロ維持は最後まで垂れずに完遂できた。ケイデンスも100~110ちょうどレースモードだ。たかが1時間弱のコースだが、これが本番まで後何回できるだろう?? 

日吉ダムもまだ人が少ない。ここで水の補給のみですぎに出発。後は猛暑になる前に帰宅したいのだが・・・

IMG_5423_1.jpg
やはりここは影もないコースなので、ジリジリ焼かれる。しかし焼かれる時間は先週より圧倒的に少ない。だから体へのダメージも少ない。風の影響が少ない今日は1時間かからず亀岡へ・・・そのままスルーして市内に戻ったのはまだ午前11時過ぎ。

こんなに早く帰れるのならもっと前からそうしていればよかった・・・早く帰宅すればそれだけ体のケアする時間もゆっくりとれるし、何よりも昼寝もゆっくりできる。

いいことづくめの早朝ライド・・これからはこれで行こう!! メリットは多大だ!! しかしデメリットといえば・・・同行してくれる人が皆無なことやな・・・・

今回の練習はギヤのの選択・時間の使い方・コース取りなど意味のあるものとなったな・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. ばば旦那 | URL | -

    Re:早朝の佐々里は神々しい・・・

    はじめまして。毎度ありがとうございますm(__)m

    >>しかしデメリットといえば・・・同行してくれる人が皆無なことやな・・・・

     あと、どこもお店が開いてないことでしょうか(笑)
     グルメライドには、致命的です(^^;

  2. トン様野郎 | URL | -

    Re:早朝の佐々里は神々しい・・・

    >>ばば旦那さん

    そうですね~~ おいしいお店が開店する頃には帰宅ですもんね・・

    グルメライドには辛いけど、やはりこの時間にしか体験できないものは沢山ありますね。それが唯一の楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/1067-671b3d47
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。