スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習再開すると落車の法則

2015年07月13日 01:10

●7月12日

長らく練習を休んでいた。交通事故で待機中のイザルコもまだあのまま・・保険交渉は予想外の高補償が得られ・・少しニンマリしていたが、バイクが戻ってこないと意味がない。その上にこないだのママチャリ落車で意気消沈・・・おまけのここにきて仕事は忙しくなり帰宅は遅い・・・

もう3重苦やん!!・・・じゃあ今年は諦めますか?

自分との自問を重ね・・・出した結果は今年もやる!!! しかし結果は問わない。
以前みたいに鈴鹿で30位以内に入らないとレース引退・・・とかは考えないことにした。かといって楽しむだけで行くわけではない。行くからには残された時間でも真剣の取り組んで勝負をかけていくし、結果は求めたい・・しかし現実はそんな甘くないし、そんなことはわかりきっている。それでも血が騒いでしょうがないのだ・・・

そして今日はレッドマドンを引っ張り出してギヤはそのまま北山経由の美山を目指す。39×23なんで普通には登れないことを覚悟していざ・・・

IMG_5371.jpg
ここまで1時間できたまずは順調だが暑い・・・

本格的な登り扶桑橋を越えてから・・・・39×23ではケイデンスが上がらない。シッティングでジワジワと舐めるように上がる。下ハンをもって忍の一字。心拍は多分180オーバー。このギヤでダンシングをするとあっという間に心拍が限界に来る。慎重にシッティングで回すのだが・・・

IMG_5373.jpg
ここで撮影&息を整える。やっぱり・・・・仕方ないな・・ 激坂区間はダンシングせず蛇行でスピードを維持する。このほうが楽に感じる。

IMG_5374.jpg
そして誰もいない峠に到着・・・脚は限界に近いが・・・まだ下りで回復しそう・・・

IMG_5372.jpg
今日のレッドマドン・・・もうすぐニューホイールが到着予定??

慎重かつ豪快に下って大布施から広河原へ向かう。このあたりから向かい風キツイ・・・

そして佐々里峠の登りに入って…最初の激坂を39×21で乗り切れたのでこのまま緩斜面を快調に飛ばしていたら・・・
浮石を思いっきり踏んだ衝撃でハンドルから手が離れ落車・・・・・ ええっ???? ここで???登りやし???スピード出てないし???

全く油断していたのやな・・ここは北山の最奥地・・・道路が荒れているのは日常茶飯事のことなのに・・・全くアホである。
IMG_5376.jpg
またまた脚がこんなになったが・・・特に異状なくまたバイクもかすり傷程度ですんだのが不幸中の幸いか・・・

もう落車にも慣れてきてさほどのショックもありません!
それが救いだな・・・気を取り直して再度踏み込む。
IMG_5377.jpg
IMG_5378.jpg
峠は静寂そのもの。誰も来ない。こんな峠を1日中独占してみたい。

下りは慎重に・・・そして水場で血を洗い・・・それでも流血は酷く、靴下まで赤く染まる・・・しかしぺだリングには影響なく美山に・・・

IMG_5381.jpg
美山の里もさすがに暑くて人影まばら・・・

IMG_5383.jpg
今日初めての大休止。おにぎりだけを食ってすぐに出発。とにかく暑いのだ。

神楽坂峠を越えて平坦を飛ばしたかったのだが・・向かい風にやられて30㌔がせいぜい・・・とにかく水を頭からかぶりまくる。
日吉ダムでも水分補給だけして出発。ここで34℃・・・ここから影が少なくなる道なのに・・・・

IMG_5384.jpg
日吉ダムから亀岡までこんな感じで全く影はありません。焦熱地獄の照り焼き状態なのだが、風は向かい風・・・もう最悪のコンディションです。ペースは全く上がらず、時速30㌔維持の淡々とした平坦地消化みたいな感じ。下ハンもってひたすら耐えます。

老ノ坂も根性で登り切って京都市内に入ると36℃やて・・・・とにかく水分補給を繰り返しやっと生還したみたいな感じ・・・
IMG_5385.jpg
桂川を渡ってホッとします。

今回の練習でも落車はしたが、、、慣れてしまって冷静に対処できました。そうやな~~~落車なんてここ数年経験してなかったから、福知山での事故の時はかなり動揺した。ママチャリ落車では怪我よりショックの方が大きかった。しかし怖いものでこけることに慣れてしまったようだ・・・あの独特の恐怖感も慣れで対処できるのだから進歩したということだろう。今度たとえ鈴鹿で落車したとしても絶対に落ち込まない!!!

自分自身でそう納得させている。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. kyota | URL | HbwM81J2

    Re:練習再開すると落車の法則

    はじめまして、いつも楽しく拝見しています!
    自分もアラフィフ世代ですが、最近になって、以前だと容易に見えていたモノに気付き難くなり、落車こそしてないものの、ヒヤリとすることが多くなりました。
    知り合いの眼科医師によると、加齢で老眼や乱視になり、特に眼鏡やコンタクト使用の人はレンズが合わなくなってるケースが少なくないそうです。あと、視野の一部が見えなくなる緑内障を発症している可能性もあるとか。
    そうやって視野の中に見えていても、実は見えなく・気付かなくなってくるのが加齢の恐ろしさですが、いつかは誰にでも確実に訪れるものですので、それを受け入れることも重要なことかもしれませんね、悔しいですが。
    一度落車で怪我し始めると、なぜか無限ループにハマり、さらに大きな怪我をしてしまって、ついには自転車に乗れなくなった人が自分のまわりに何人もいます。どうか安全には気をつけてください。

  2. トン様野郎 | URL | -

    Re:練習再開すると落車の法則

    >>kyotaさん

    こんにちは! コメントありがとうございます。
    目の衰えはまさに私も悩んでました。視力低下・飛蚊症・老眼・・・眼鏡もコンタクト合わず、イライラすることが確かにありました。そのことが反射神経の衰えにも繋がっているのでしょうかね・・・・今年1年で落車3回・・・今までの通算記録に並ぶ多さは何かへのシグナルとして気にしています。kyotaさんも事故には気を付けてくださいね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tonsamayorou.blog88.fc2.com/tb.php/1057-32e4bc1f
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。